ニクソン副大統領・CIA・マフィアらは、
コーリーを首班とする暫定政府をつくる

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

私は、マーシャル・ディッグズの自宅で、マフィアのトーマス・ルケーゼとCIA幹部のトレーシー・バーンズを紹介された。

その数日後に、ディッグズからまた電話があり、彼の自宅へ行った。

やがてピッグズ湾侵攻として知られる事件に直面するとは、この時は知る由もなかった。

ディッグズ邸に着くと、車で溢れかえっていた。

家の中には亡命キューバ人がたくさん居て、エラディオ・デル・バレという男もいた。

彼らは、やがてマリオ・ガルシア・コーリーが率いる『ユナイテッド・オーガニゼーションズ・フォー・ザ・リベレーション・オブ・キューバ(キューバ解放のための組織連合)』の中心メンバーとなる。

コーリーが登場し、「アメリカ政府の承認を得て、亡命政府が樹立される事になった!」と発表した。

大きな拍手が起こった。

コーリーは、「私の息子はマイアミのキューバ領事館に潜入し、主要なエージェントたちの名前を入手して、リストを作成した。それを帰る前に皆にお渡しする。」と告げた。

私は、(キューバの亡命政府の誕生という)歴史の1つの瞬間に立ち会ったと感じたし、アメリカ政治史の一端を担うことになると感じた。

トレーシー・バーンズは、私を別室に連れて行き、こう説明した。

「CIAは、コーリーの構想を強力に後押ししており、カストロを
 失脚させて暫定政府を樹立させようと考えている。

 少し面倒なことが起きている。
 国務省が支持する亡命キューバ人たちは、コーリーを次期大統領に
 する計画にひどく反発しているのだ。

 だからこそ、君に我々(CIA)の代理として、コーリーと活動を
 共にしてもらっている。」

私は納得がいかず、こう尋ねた。

「コーリーの計画がアイゼンハワー政権に認められているのであれば、
 問題は生じないはずです。
 なぜ私が必要とされるのですか?」

バーンズは、こう説明した。

「コーリーは、右翼的なキューバ銀行家だ。

 彼は、キューバに新政権をたてる構想を練り、キューバ内に
 レジスタンスを組織した。

 彼自身もハバナに何度か足を運んでいる。

 コーリーはアメリカにおいても、キューバ解放者軍を組織した。

 CIAは、ディッグズを介してコーリーの計画を知った。

 私の上司であるリチャード・ビッセルは、計画を大いに歓迎した。

 ビッセルはコーリーの計画が実現されるように、武器を渡し、
 スパイの訓練に手を貸している。

 現在では、キューバに侵攻する兵力をいつでも募れる状態にある。

 だが、コーリーは作戦がCIAに支配されることに、
 断固として反対している。

 『カネは出しても、口は出すな』というわけだ。」

CIAは、コーリーの計画を乗っ取ろうとしていたのだ。

バーンズは説明を続けた。

「CIAは、ディッグズに頼んで、コーリーをニクソン副大統領に
 会わせた。

 ニクソンこそ、カストロ打倒計画の統轄者だ。

 (ニクソンは、ホワイトハウスの軍事作戦担当官であり、
  5412委員会のトップでもあった)

 実は、アイゼンハワー大統領は計画の全貌を知らされていない。

 それは大した問題ではない。
 なぜなら、もうすぐニクソンが大統領選挙で当選するからだ。

 そして、キューバ侵攻が成功すれば、コーリーがキューバの
 大統領になる。」

私はこの驚くべき情報を消化しようと努めていたが、バーンズはさらに説明を続けた。

「この計画を挫折させないために、CIAは君を必要としている。

 コーリーは助言できる男を欲しているが、彼はアメリカ政府を
 全く信用していない。

 君は彼に信用されているから、その立場を維持してもらいたいのだ。

 国務省が我々の計画に横槍を入れているが、コーリーにはまだ
 知らせていない。

 もしコーリーが怒りを爆発させたら、すべては水の泡となる。」

私は自嘲ぎみに言った。「選択の余地はないようですね。」

(2016年1月3日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る