ハント対リバティ・ロビー裁判⑪
スタンスフィールド・ターナーの証言

(『大がかりな嘘』マーク・レーン著から抜粋)

ハワード・ハントの主任弁護士であるウィリアム・スナイダーは、「元CIA長官のスタンスフィールド・ターナーは、マーチェッティの記事がでっち上げであると証明できる人物だ」と言う。

(※マーチェッティの記事が発表された時、CIA長官はターナーでした)

ターナーは自宅での証言録取を希望したので、ワシントン郊外の彼の家に出向いた。

ターナーは、3年以上も前にCIA長官の職を離れていたが、リー・ストリックランドとページ・モフェットという2人の弁護士が付いていた。

2人共、CIAの法律顧問だが、電話番号も住所も教えてくれなかった。

ターナーは、証言の始めにこう言った。

「私がCIA長官を務めた4年間、ハントについて協議した記憶は
 ないし、ハントについて決定を下した事もない。」

スナイダーは、この時点で主尋問を打ち切っても不都合なかっただろう。

だが弁護士というものは、一般的に手続きの効率化には努めないものだ。

スナイダーは1時間をかけて、マーチェッティの記事の問題部分を読み上げ、ターナーにいちいち内容が正しいが間違いかを質問した。

質問に対し、ターナーは「記憶にない」「聞いたことはない」と連発した。

私は横で見ていて、ターナーは偽証しているか異常なほど無知であるかのどちらかだと思った。

だから私の反対尋問の時間になると、ターナーがどこまで知識があるのか探ることにした。

Q 下院暗殺特別委員会にCIAが提出したメモや文書を憶えていますか

A いいえ

Q ケネディ暗殺の調査をしたウォーレン委員会。
  その任命をしたのはジョンソン大統領で、委員会のメンバーは
  7人だった。そうですね?

A 私は知らない

Q ウォーレン委員会のメンバーには、アレン・ダレス元CIA長官
  もいて、彼が一番活動的なメンバーだったことを、
  あなたは知っていますか

A いいえ

ここまで質問したところで、1人の補佐官が現われ、ターナーに何か囁き、2人は何の説明もなく部屋を出て行った。

数分後にターナーは、耳にコードレス電話を付けて戻ってきた。
この電話は、当時(1984年6月)には極めて珍しいものだった。

私は最初、この電話を通じてターナーが助言を受けているのかと疑ったが、彼の答え方によってその推測は間もなく打ち消された。

私は質問を再開した。

Q あなたがCIA長官だった時代、CIAでは職員の勤務記録を
  つけていましたか

A 分からない

Q では休暇を取った時や、病気で長期休暇の時は、
  記録をつけていましたか

A 自分は知らない

Q CIAの職員たちは、偽名や別名を使っていましたか

A 私の知る限りでは、無かった

2人のCIA弁護士は、私の質問をずっと不安気に見ていたが、ここで「証人と別室で話をしたい」と言い出し、ターナーと一緒に出て行った。

彼らは数分後に戻ってきたが、ターナーは「自らの発言を補足したい」と言い、「CIAでは偽名が使われているし、偽の発言もしてきた」と認めた。

私は問題となっているCIAメモ『アングルトン=ヘルムズ・メモ』について、CIAの記録をあたったか訊いたが、答えは「ノー」だった。

「メモを探すように指示したことはない」と証言した。

AP通信は1978年8月21日に、このメモについてターナー長官は「我々は探したが、メモは無かった」と発言したと報じている。

その事を言うと、彼は「憶えていないが、そういう発言をした可能性はある」と答えた。

証言録取を終えると、ターナーはこう言った。

「レーンさん、この証言録取は私にとって負担だった。もう公務員ではないのだから。」

証言を聞いてみて、彼がCIAの出来事について通じていない事が分かった。

彼は、アウトサイダーの大統領(ジミー・カーター)に任命されたアウトサイダーであり、CIAの生え抜きではなかった。

だからCIAの政策決定プロセスから疎外されていたのだ。

当時のCIAで何が起きていたかは、イランでのアメリカ人人質の解放を遅らせようとしたレーガン=ブッシュ選挙委員会の工作が明らかになれば、もっとはっきりするだろう。

(※カーター大統領は、イランで捕まったアメリカ人の解放に手間取り、
 それが一因で再選に失敗した。
 この件では、ライバルのレーガン陣営が裏でイランと取引した
 と言われている。)

(2018年12月5日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る