ハント対リバティ・ロビー裁判⑮
マリータ・ロレンツの証言

(『大がかりな嘘』マーク・レーン著から抜粋)

我々の側(被告側)の反証では、マリータ・ロレンツの証言録取を提出し、読み上げることにした。

マリータ・ロレンツは、フィデル・カストロの恋人になって子供を産み、その後にCIAに洗脳されて反カストロの作戦に参加した。

CIAに雇われた彼女は、ケネディ暗殺計画にも加わった。

(※彼女の生涯については、自伝『諜報員マリータ』に詳しく書かれています)

マリータは、1977年にフランク・スタージスから殺すと脅され、警察に通報しスタージスは逮捕された。

私が彼女にコンタクトを取ったのはこの時で、ケネディ暗殺計画に関わった事を聞いた。

彼女の話に強い驚きを与えられたが、その話を報道してくれる所を見つけることができなかった。

それから5年以上が経ち、今回の裁判が行われる事になった時、私は再び彼女とコンタクトを取り、マイアミに来て裁判で証言してくれるか尋ねた。

彼女は心底おびえた様子を見せ、「あなたはあいつらのこと、何も分かってないんだわ。これまで何人も殺してきたのよ。マイアミに戻ると考えただけで身の毛がよだつ。」と答えた。

それでも彼女は、証言録取を承知してくれた。

証言録取は、ハントの弁護士ケヴィン・ダンの立ち会いのもとで行われた。

マリータの証言を法廷で読み上げるにあたって、リバティ・ロビー社の顧問弁護士フレミング・リーの妻、ジュリア・リーに頼み、マリータの代わりに証言席に座ってもらった。

そしてマリータの証言を代読してもらうことにした。

いよいよ証言が始まった。

Q あなたはCIAに雇われたことがありますね。

A はい。

Q FBIに雇われたことがありますね。

A はい。

Q ニューヨーク市警に雇われたことがありますね。

A はい。

Q 1978年に、あなたは下院暗殺特別委員会に証人として
  出頭していますね。

A はい。

Q それはケネディ暗殺に関したことですか。

A はい。

Q あなたは1963年の11月およびそれ以前に、
  フロリダ州マイアミに住んでいましたか。

A はい。

Q マイアミ地方でCIAの仕事をしていたのですね。

A はい。

Q CIAの仕事をしていた時、フランク・スタージスと一緒に
  活動していましたね。

A はい。

Q スタージスは、他にどんな名前で呼ばれていましたか。

A フランク・フィオリーニ、それにハミルトンです。

Q スタージスは、あなたと一緒に活動していた時、やはりCIAに
  雇われていましたか。

A はい。

ハワード・ハントは当時、マイアミでCIA職員として反カストロ組織の指揮をとっており、スタージスもそれに加わっていた。

スタージスは、CIAの有力な契約工作員だったのである。

スタージスは『サード・プレス訴訟』で次のように証言している。

「キューバに居たときに、CIAのサンチャゴ・デ・キューバ支局の支局長に、スパイとしてスカウトされた」

ハントの書いた小説『ビミニ・ラン』では、ハンク・スタージスという名の、バーテンあがりで金のためならどこでも行く傭兵が登場する。

スタージスは78年2月8日に、「かつてバーテンをしていた」と証言している。

スタージスの人生のかなりの部分が、この小説に投影されていることは間違いない。

マリータはこれから、スタージスに報酬と指令を与えていた人物を話そうとしている。
法廷は水を打ったように静まりかえった。

Q スタージスに報酬を支払っていた人物は誰ですか。

A エドアルドという名の男です。

この裁判でハントは、エドアルドという偽名を使っていた事を証言していた。

Q エドアルドとは誰のことですか。

A これは暗号名なんです。本名はE・ハワード・ハントです。

ハントの名が挙がったとたん、陪審員の視線が一斉にハントに向けられた。

ハントはそそくさと目をそらすと、弁護士たちと何事か相談を始めた。

Q あなたは63年の11月に、スタージス氏と共にマイアミから
  旅に出ましたね。

A はい。

Q 他にも同行者がいましたか。

A はい。

Q 利用した交通手段は何ですか。

A 車です。2台でした。

Q 車には何を積んでいましたか。

A 武器です。

Q スタージス氏は車で出発する前、どこへ向かうと言いましたか。

A テキサス州のダラスです。

Q ダラス行きの目的が何であるか言いましたか。

A いいえ。極秘だと言っていました。

Q ダラスに着いたのは63年11月の事ですか。

A はい。

Q ダラスに着いた後、宿泊施設に泊まりましたか。

A モーテルです。

Q モーテルに滞在する間、あなたは誰かと会いましたか。

A はい。E・ハワード・ハントに会いました。

Q 他にも会った人はいますか。

A ジャック・ルビーに会いました。

Q 63年11月にダラスでハント氏と会った時の状況を
  話して下さい。

A あらかじめ手配が整えられていて、まとまった金をハントが
  私たちに渡すことになっていました。

  これは、いわゆる工作と呼ばれる仕事への報酬でしたが、
  これから行う仕事がどんなものかは知りませんでした。

Q あなたの役目は知らされていましたか。

A 単なるおとり、とのことでした。

Q モーテルの部屋で、ハント氏が金を渡すところを見ましたか。

A はい。
  彼は現金の入った封筒をフランク・スタージスに渡しました。

  フランクはお金を出してぱらぱらめくると、これだけありゃ
  十分だと言い、上着にしまいました。

Q ハント氏はどのくらい部屋に居ましたか。

A 45分くらいです。

Q あなたがジャック・ルビーを見たのはどこですか。

A ハントが帰ったあと、45分から1時間くらい後に、
  ルビーがモーテルにやって来ました。

ダラスへの武器の輸送、ハントとスタージスの会見、ジャック・ルビーの登場と、かなり明らかになった。

次はいよいよ、11月の何日に起きた事か特定する番だ。

Q ハント氏とスタージス氏が会ったのは、何時頃でしたか。

A 夕方です。

Q ケネディ大統領が殺害された日から見ると、2人が会ったのは
  いつになりますか。

A 前日です。

Q それでは、63年11月21日のことだったのですね。

A はい。

こうして陪審員は、『ハントが11月21日にダラスに居た』という証言をはっきり耳にしたのである。

CIAとハントは、ハントのアリバイ作りでもっぱら11月22日に重点を置いていた。

11月21日については、ハントがワシントンに居たと証言するCIA関係者はおらず、それどころかハントは「11月21日は仕事を休んだ(ワシントンのオフィスに出勤しなかった)可能性がある」と認めていた。

次に私は、ジャック・ルビーについてマリータに尋ねた。

Q ケネディ暗殺の2日後、犯人とされていたオズワルドは
  ジャック・ルビーに殺されましたね。

A はい。

Q あなたはそれ以後に、ルビーの写真やテレビに映る姿を見ましたか。

A はい。

Q 大統領暗殺の前夜に、ダラスのモーテルにいた人物と同一人物
  だと、確かに憶えているのですね。

A はい。

私の尋問は終わり、次にハントの弁護士ケヴィン・ダンの反対尋問が始まった。

その尋問は、さらに詳しく事実を述べる機会をマリータ・ロレンツに与える事になった。

彼女は質問に対し、「1959年にCIAに雇われた」と証言し、「ウォーレン委員会には出頭するなとCIAの上司から指示された」と証言した。

Q あなたの今日の証言は、78年に下院暗殺特別委員会で述べた
  事と同じですか。

A その通りです。

Q ハワード・ハントと初めて会ったのはいつですか。

A 1960年、フロリダ州マイアミです。
  エドアルドだと紹介されました。彼はマイアミに工作資金を
  運んでいたのです。

Q 彼はあなたと何語で話しましたか。

A 英語とスペイン語です。

Q あなたは他に何語が話せますか。

A ドイツ語です。

Q エドアルドがハワード・ハントだと分かったのはいつですか。

A だいたい同じ頃です。

Q 当時、ハント氏はどこに勤めていたと思いますか。

A CIAです。
  私たちは全員、CIAの『オペレーション40』のメンバーでした。

  私たちはエドアルドから指令を受けており、一般の市民が
  行えないこと(犯罪)をする権利と許可を与えられていました。

Q あなたはCIAのために、キューバで仕事をしましたか。

A カストロを殺すための訓練を受けて、キューバに行きました。
  (※このカストロ暗殺作戦は失敗に終わった)

Q あなたがスタージス氏とダラスに車で向かった時、
  スタージス氏の他に一緒に居た人は誰でしたか。

A ジェリー・パトリック・ヘミングです。

  他にノヴィスという名の2人のキューバ人兄弟と、
  ペドロ・ディアス・ランスというパイロットが同行してました。
  (※ロレンツの著書によると、オズワルドも同行者だった)

Q 2台の車にはどんな武器を積んでいましたか。

A ライフルとマシンガン、拳銃もありました。

Q どんな種類のライフルですか。

A M-16ライフル、M-1ライフル、ショットガンが数丁
  ありました。

Q CIAの『オペレーション40』に加わっていた時、
  主な任務は武器の輸送でしたね。

A はい。

Q それは反キューバの活動に使用するためですか。

A はい。

Q あなた達が出発したマイアミの家は、CIAの家でしたか。

A ええ、隠れ家です。

Q その家には、今まで挙げた人間以外にも誰か居ましたか。

A ひとりは現在、獄中です。もう1人は死にました。

Q どこに投獄されているのですか。

A ベネズエラかどこかです。

Q その人物はボッシュ氏ですか。

A はい。オーランド・ボッシュです。

Q 彼は『オペレーション40』に加わった反カストロ派キューバ人
  の1人ですか。

A はい。

Q 隠れ家にいて、もう死亡したのは誰ですか。

A アレキサンダー・ローク・ジュニアです。

Q 彼もCIA職員でしたか。

A はい。

Q ケネディ暗殺を知ったあと、あなたはどうしましたか。

  (※ロレンツはケネディ暗殺の実行前に危険を感じ、
   作戦から離脱した。
   ぎりぎりで実行犯にならずに済んだのである。)

A FBIに話しました。

  どっちみちFBIは私の子供の父親(ベネズエラの独裁者だった
  マルコス)のことで話をしたがっていました。

  車で迎えに来て、オフィスに連れていかれました。

  (※ロレンツはカストロと別れた後に、マルコスの愛人になり
   子供を産んでいた)

Q それは63年の11月中のことですか。

A はい。

Q FBIは車でダラスに行った7人グループの行動について、
  尋ねたのですね。

A そうです。

Q FBIは、車で同行した人達の名前を知っていましたか。

A はい。

Q 彼らは、同行者について1人1人あなたに尋ねたのですか。

A はい。彼らは根掘り葉掘り尋ねました。
  解放されて戻ってきた時はほっとしました。

Q あなたは、エドアルドのことも話したのですか。

A FBIは全部知っています。
  でも深入りしたがりませんでした。あれはCIAの仕事だからです。

マリータ・ロレンツは、ケネディ暗殺が決行される前にグループを抜けてダラスを去ったのだが、その理由を語った。

「私には、いつもの仕事とは違うことが分かりました。
 それで降りたくなったのです。

 スタージスに、ここを去りたいと頼みました。
 彼は『とてつもなくでかい仕事だが、お前の役目は危険なもの
 ではない』と言いました。
 おとりになるだけだと。

 でも私は、降ろしてほしいと言い、そのうち彼も同意してくれて
 空港まで送ってくれたのです。」

Q スタージスとはその後、この件について話しましたか。

A はい。
  彼からCIAの別の仕事で誘われた時に、彼は『あんたはダラスで
  とてつもなくでかい仕事をし損なった』と言いました。

  彼はこう言いました。

  『俺たちはあの日、大統領を殺ったのさ。
   あんたもそれに参加できたのに。

   ヤバいことは何もなかったんだから。
   隠蔽工作は万全だったのさ。何たってプロの仕事だからな。』

陪審員たちは、ロレンツの証言に非常な熱意をもって耳を傾けた。

ハントと弁護士たちは顔を曇らせていた。
だがロレンツの証言は別に驚きではなかったはずだ。この証言録取は裁判の2週間前に行われていたからである。

おそらく、彼らはロレンツの証言がどれほど衝撃を与えるか、予想を誤ったのだろう。

(2018年12月21~23日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る