ケネディ暗殺事件の追加情報

(『大がかりな嘘』マーク・レーン著から抜粋)

ケネディ大統領の暗殺について、FBIと各証人の考えは「暗殺時の銃の発射は5秒から5秒半の間だった」という点で一致している。

そして銃弾は3発だったとされている。

だが射撃の名手でも、オズワルドが犯行で使ったとされるライフルでは、この時間内に3発は撃てない。

さらにオズワルドは、海兵隊にいた時にライフル射撃が上手くなかった。
その後もライフル訓練する姿を周りの人々は見ていない。

ポスト・ディスパッチ紙のリチャード・ダドマン記者は、興味深いことを報じている。

「大統領のリムジンのフロントガラスには、小さな穴があった。

 私ともう1人が、大統領の運ばれた病院の急患用の入口に停めて
 あったリムジンのフロントガラスに、銃弾によって開いたと
 思われる穴を見た。

 シークレット・サービスは、このリムジンを誰にも引き渡さず、
 ワシントンに空輸して持ち帰ってしまった。

 そしてシークレット・サービスはリムジンの調査を拒否し、
 穴に関する話も拒否した。

 さらに銃撃の回数も不明瞭だ。
 ほとんどの証人は3発の銃声を聞いているが、弾丸は5つ
 見つかっている。

 1発目は、ケネディの喉に命中し体内に留まった。

 2発目はコナリー知事のももから摘出された。それは背中の
 右側から入り、胴体と手首を抜けてももに入った。

 3発目はケネディの後頭部に当たったが、彼が病院の中に運ばれる
 際に使われた担架から発見された。

 4発目はいくつかの破片となって車の中にあった。

 さらにもう1発が、芝生の中にあった。」

ティピット殺害の目撃者は、マーカム夫人という女性であった。

彼女は、この殺人が午後1時6分に起きたと確信していた。

だがウォーレン委員会は、1時16分より前にオズワルドをその場に行かせることができなかった。

そこで委員会は、マーカム夫人は時刻について間違っていると断定した。

マーカム夫人は、マーク・レーンのインタビューで「ティピットを殺したのは、背の低い男で、いくらか横腹が出ていて、髪は少しもじゃもじゃしていた」と説明した。

だが警察にした説明は「30歳ぐらいで身長は5フィート8インチ、黒髪でほっそりした体格」と記録されていて、全く異なる。

もう1人の目撃者であるウォーレン・レイノルズは、ある男がピストルを持って殺害現場から逃げるのを見た。

レイノルズはFBIの尋問をうけたが、「オズワルドだったか分からない」と語った。

尋問の2日後、レイノルズは頭を撃ち抜かれたが、何とか生き延びた。

その容疑者として、ダレル・ウェイン・ガーナーが逮捕された。
だが、ジャック・ルビーの店で働いていたストリッパーのナンシー・ジェーン・ムーニーの証言でアリバイがあるとされ、不起訴になった。

8日後に、ムーニーは同居人とけんかしたとしてダラス警察に逮捕されたが、彼女は独房の中で2時間も経たないうちに首をつって自殺した。

ナンシー・ペリン・リッチは、「多数の情報工作員と1人の米陸軍将校の出席した会合に、ジャック・ルビーがお金を持って現れた」との情報を、ウォーレン委員会に提供した。

しかしこの情報は削除された。

オズワルドを乗せたとされるタクシー運転手のウィリアム・ホウェーリーは、1965年12月18日に自動車衝突事故で死亡した。

リー・オズワルドと自称する男に、自動車を売ろうとした自動車セールスマンのアルバート・ボガードは、証言後に数人の男に襲われ病院に収容された。

ウォーレン委員会は、車を買おうとしたのはオズワルドではないと断定したが、それ以上調査しなかった。

(2019年1月27日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る