ニクソンはCIAと共に、
カストロ暗殺作戦とコーリーとの密約をする

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

CRC(キューバ革命評議会。亡命キューバ人の左派組織)の台頭に、ニクソン副大統領は頭を悩ませていた。

大統領選挙が迫っており、民主党候補のジョン・F・ケネディはキューバ問題につけ入ってきた。

CIAは、ニクソンの当選に手を貸す決定を下し、カストロ暗殺作戦に着手した。

キューバ侵攻作戦の指揮官に任命されたCIAのハワード・ハントは、上司に暗殺作戦を進言した。

これを受けて、保安局長のシェフィールド・エドワーズ大佐は、この任務をジェームズ・オコンネルに命じた。

1960年8月に、オコンネルは「暗殺の実行者にはマフィアが適任である」と報告した。

アメリカ・マフィアには、「キューバへの投資を回収する」という強力な動機があった。

(※カストロが政権を取るまでは、キューバはカジノが盛んで、
 それをアメリカ・マフィアが牛耳っていた。
 カストロは政権を獲るとカジノを閉鎖し、アメリカ・マフィアを
 追い出していた。)

CIA作戦局次長のリチャード・ビッセルは、カストロ暗殺作戦にゴーサインを出した。

オコンネルは、かつてFBIでガイ・バニスターの部下だったロバート・メイヒューを仲介役(マフィアとの連絡役)に決めた。

ロバート・メイヒューは、1950年代の後半から、マフィアのラスベガスのボスであるジョニー・ロゼリと付き合っていた。

そこで、ロゼリにヒットマンの手配を依頼した。

ロゼリは1つの条件を出した。政府高官の保証を求めたのだ。

60年9月14日に、メイヒューとロゼリはNYのプラザホテルで、CIAのオコンネルと会った。

これで問題はなくなった。

リチャード・ビッセルとシェフィールド・エドワーズは、ダレスCIA長官とカベル副長官に、カストロ暗殺計画のブリーフィングを行った。

9月末までにロゼリは、サム・ジアンカーナ(シカゴ・マフィアのボス)を通じて、サントス・トラフィカンテに援助を求めた。

トラフィカンテは、フロリダ・マフィアのボスで、かつてはハバナにおりロゼリのボスだった。

ビッセルとエドワーズは、ニクソン副大統領にも概要を説明した。

ニクソンは、アイゼンハワー大統領とは異なり、目的のためなら暗殺も辞さない男だ。

元CIAの工作員マーロン・クーパーは、1975年6月のラジオ出演時にこう証言している。

「1955年1月1日に私は、ニクソン副大統領と共に、
 ホンデュラスで開かれたあるミーティングに出席した。

 そこではパナマのホセ・レモン大統領の暗殺計画が、
 詳細に議論された。
 その場には、ヒットマンのチームも同席していた。

 翌日に、レモン大統領はパナマ市郊外でマシンガンで撃たれて
 死亡した。」

リチャード・ニクソンは1960年10月にコーリーと会い、取り決めをした。

これは後に、『オペレーション・フォーティ』の名で知られるようになる。

内容を端的にいえば、『キューバ侵攻が成功した時点で、CRCの左派指導者たちの全てを排除すること』が、コーリーに認められたのである。

つまり、コーリーはキューバ大統領になることが確約された。

亡命キューバ人の左派指導者を大量殺戮するため、キューバ侵攻作戦が完了するまでCIAが拉致監禁し、その後に全員を殺すことになった。

『オペレーション・フォーティ』は、ピッグズ湾への侵攻作戦の失敗により、表面化することになる。

(2016年1月3日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る