モローは、キューバ紙幣偽造をCIAから依頼される

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

トレーシー・バーンズから話を聞いた後、私はバーンズと共に、カベルCIA副長官のオフィスに行った。

オフィスには、CIA作戦担当副長官のリチャード・ビッセルもいた。

カベルは、ジョンソン副大統領から自分にあててきたメモを見せた。

そのメモには、こうあった。

「ケネディ兄弟は、ホワイトハウス内にケネディ王朝を打ち建て
 ようとしている」

「マクナマラ国防長官は、新たな諜報機関の設立権限を与えられた。
 設立は、ダレスCIA長官とリチャード・ビッセルを辞任させた
 時点で着手される」

「ケネディは、出所不明のCIAの資金を制限するように、
 上院予算委員会に依頼した。
 諜報活動をCIAが支配するのを認めた『CIA設立許可書』の
 拒否も求めている。」

カベルがこの文書を私に読ませたのは、明白な計算があってのことだ。

(罠だ)、直感的に私は悟った。

カベルは、さらに別のメモも見せてきた。

ケネディ大統領から、弟のロバート・ケネディ司法長官にあてたメモだった。

「キューバ紙幣の偽造に関与している、全てのキューバ人および
 アメリカ人関係者を逮捕してほしい。

 知ってのとおり、CIAは私の命令を無視して、
 カストロ政権を打倒しようとしている。

 紙幣偽造計画の情報をキューバ当局にリークするのも一計だろう。」

私は読んでから言った。

「これを裏切り行為とみなす人達がいるでしょうね」

続く30分間は、CIAの様々な報告書を読まされた。

ケネディが許可した作戦についてや、彼の夜の行状を克明に記した監視報告まであった。

ケネディに関して集められたデータは、徹底的かつ包括的だった。

読み終えた私は言った。

「それで、私の次の任務は?」

カベルCIA副長官は説明した。

「今日の午後、マリオ・ガルシア・コーリーとロバート・ケネディが
 会うことになっている。

 コーリーは、キューバにあるミサイル基地について得られた
 データを持っていくが、ロバート・ケネディが積極的に対応しな
 かったら、コーリーはテレビ会見を行って洗いざらいぶちまける。

 記者会見をちらつかせれば、ケネディ兄弟もキューバに
 ミサイル基地があると認めるはずだ。

 コーリーに同行する人物として、君に白羽の矢がたった。

 第二の依頼は、少しばかり複雑だ。

 (ケネディは止めようとしているが)キューバ紙幣の偽造作戦は、
 我々は続行する。

 うまく行けば、秋になる前に目的は達成できるはずだ。

 ケネディは関係者を逮捕したがっているから、偽造の作業場を
 君のボルティモアの研究室に移したい。」

私は尋ねた。「危険ではありませんか?」

この質問には、リチャード・ビッセルが答えた。

「大丈夫だ。裏工作はコーリーがやるし、資金も彼が集める。

 彼は自分がコントロールしている作戦だと思い込むだろう。
 そう思わせておけばいい。

 紙幣偽造でキューバ経済を破綻させれば、こちらの望む条件で
 カストロと渡り合える。」

その後、私はCIAの特別仕様車で、コーリーと共に司法省に向かった。

この車は、黄色のビュイックで人目を引かない外装だが、無線電話が付いており、スーパーチャージャー付きなのに騒音が全く無かった。

コーリーを司法省に届けると、私は外で待った。

少しするとコーリーは戻ってきて、車に乗り込むなり「テレビ局まで頼む」と言った。

テレビ局に着くと、トレーシー・バーンズが待っていて、こう言った。

「ロバート・ケネディは、コーリーの逮捕を命じた。

 司法省にいるカベルの情報源によると、彼はコーリーを大嘘つきと
 呼び、ミサイル基地の話はでっち上げだと非難したそうだ。

 ロバートは、写真も解析データも本物と認めようとしない。
 何か妙なことが起こっている。

 コーリーの用が済んだら、彼をこの街から連れ出してくれ。

 カベルからの命令はこうだ。
 『テレビ会見が終わり次第、コーリーをフロリダに送れ』」

バーンズはすぐに去り、15分したらコーリーがテレビ局から戻ってきた。

その後、CIAの専用飛行機でオパ・ロッカに向かった。

離陸すると、コーリーが口を開いた。

「そろそろ白状してもいいだろう?

 いつからCIAのために働いている?」

「今日、正式に契約を交わした。

 俺はあんたの味方だ、ケネディ兄弟に手出しはさせない。」

「よく言ってくれた。感謝する。」

(※ジョンソン副大統領のメモにあった新たな諜報機関「DIA」は、
 1961年の晩秋に、国防省の支援と支配の下、マクナマラ長官に
 よって設立された。

 アレン・ダレスは61年11月にCIA長官を辞任し、
 リチャード・ビッセルも12月に辞職した。)

(2016年4月1日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る