モローは、コーリーの地下活動を手助けする

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

マリオ・ガルシア・コーリーをフロリダに逃がすため、私とコーリーは飛行機でオパ・ロッカに向かった。

オパ・ロッカに着くと、デル・バレが待っていた。

私達は贅沢なモーテルに泊まったが、私はビミニにあるコーリーの銀行口座まで、軍資金を取りに行くことになった。

コーリーの指示は明快だった。

「25~35万ドルの金額で、小額紙幣で用意されるはずだ。

 そのカネを受け取ったら、ここにトンボ帰りして、デル・バレに
 預けてくれ。

 その後は、私をカナダのオンタリオ州のピーターボローに連れて
 行ってほしい。

 そこにある会社と、武器売買の契約をする。

 君が取ってきてくれるカネは、武器などの購入にあてられる。

 カナダの次は、ヨーロッパに飛んで、武器の引き渡しに立ち合って
 もらいたい。

 ヨーロッパでの君の予定は、トレーシー・バーンズが教えてくれる。」

後で判ったのだが、コーリーの口座に軍資金を振り込んだのは、カルロス・マルセロ(ニューオーリンズ・マフィアのボス)だった。

トレーシー・バーンズから電話があり、こう言われた。

「ビミニで受け取ったカネは、イギリスのポンド紙幣に替えなければ
 ならなくなった。

 コーリーには伏せておいてほしいのだが、プエルトリコでポンドに
 替える。」

私は飛行機でビミニに行き、現金を受け取った。

そしてプエルトリコに向かい、指令通りにサン・ファンで最大のチェイス銀行に行き、ポンドに交換することにした。

交換を終えたが、カストロの手下と思われる者に尾行されているのに気付いたので、米下院議員のパウエルの屋敷に避難することにした。

私は、パウエルと面識があった。

パウエルは、米下院の教育・労働委員会の委員長をつとめる、大物政治家だ。

ケネディの友人だったが、反カストロの立場をとっていた。

私はパウエルに会い、CIAの工作員であることを話して、助けを求めた。

彼は承諾してくれた。

私は一息つき、ニューオーリンズから来ている26歳の美女フランソワーズ・マネから誘われて、パウエル主催のカクテル・パーティに参加した。

その後、パウエルが警察署長に話をつけて、警察の護衛を受けてプエルトリコから出発できた。

オパ・ロッカに戻り、コーリーとデル・バレに再会した。

コーリーのカナダ行きは数日の延期になり、休息していると、フランソワーズ・マネから電話があった。

「近くのホテルにパウエルと来たが、パウエルはNYに発ってしまった」という。

私はさっそくホテルに行き、フランソワーズとSEXをしまくった。

情事に疲れ果ててベッドで寝入ったが、長くは続かなかった。

「起きろ、このヤンキー野郎。」

声で目覚めると、髭づらのキューバ人が立っており、銃が私の額に狙いを定めていた。

ベッドの向こう側では、若いキューバ人がフランソワーズの裸体に好色な目を向けていた。

髭づらは、矢つぎ早にまくし立てた。

「お前が持ち帰った30万ドルで、コーリーは何をしようとしている?

 奴の居場所を吐いてくれてもいい。

 それから、CIAはカマグエイで何をしていた?

 あの晩(ピッグズ湾侵攻の日)のことだ。」

彼は多くの事を知っており、キューバのKGBといわれるDGIのメンバーだと判った。

私とフランソワーズは、椅子に縛りつけられた。

そして私は、ライターの火で向こう脛を焼かれる拷問を受けた。

だが、何の情報も話さなかった。

拷問の痛みで気を失ったが、目を覚ますとコーリーやデル・バレら大勢が室内にいた。

カストロの手下は殺されていた。

私はすぐに病院に運ばれた。

フランソワーズは、拷問で殺されていた。

私は数日後に、療養のためにボルティモアの自宅に戻ることにした。

自宅に着くと、上司のトレーシー・バーンズが待っていたので驚いた。

バーンズは言った。

「計画が変わってね。コーリーのカナダ行きは延期になった。

 (コーリーの状況は変わり)この国を出るのに手を貸す必要が
 なくなった。

 コーリーが求めている武器は、カナダのある会社を通じて、
 ヨーロッパでほどなく手に入ることになった。

 30~45日の間に、ヨーロッパに行ってもらいたい。

 マドリードに行き、リッツ・ホテルにチェックインしてくれ。

 例の30万ドルは、まだ手付かずの状態だ。

 マドリードに着いたら、アメリカ大使館の商務官と電話してくれ。

 コーリーは、ヨーロッパでシュマイザー銃とトンプソン銃を買う。

 ジャック(ジャック・ルビー)という、クレイ・ショーの仲間を
 介してだ。

 クレイ・ショーは、CIAの契約コンサルタントで、
 我々が隠れ蓑に使っているいくつかの会社とも関係している。

 表向きの顔は、ニューオーリンズ・トレード・マートの重役だ。」

ニューオーリンズ・トレード・マートは、CIA工作のための組織だ。

元はワールド・トレード・センターといい、モントリオールで設立されて、1961年にイタリアに移された。

この組織の理事の1人に、クレイ・ショーも名を連ねていた。

バーンズは話を続けた。

「武器はカナダの某社によって斡旋されるが、引き渡しはギリシャで
 行われる。

 君はギリシャに行き、支払いをすませてくれ。

 クレイ・ショーの右腕がデイブ・フェリーで、ピッグズ湾侵攻の
 時に君を運んだパイロットだ。

 シュマイザー銃は、1944年にピレウスから撤退したドイツ軍が
 残していったもの。

 トンプソン銃は、アメリカのMAAG(軍事援助の顧問団)
 プログラムから流出したものだ。

 フェリーが段取りをし、ショーがモントリオールで我々の
 ダミー会社『パーミンデックス』の代表としてデル・バレと
 会うように計らってくれる。

 パーミンデックス社は、設立者はOSSの少佐だった
 L・M・ブルームフィールドだ。

 ブルームフィールドは、ピレウスにある同社の倉庫に武器を
 そろえてくれる。」

(2016年4月1日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る