キューバ紙幣の偽造に成功する
武器の密輸にも成功する

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

トレーシー・バーンズから武器密輸の説明を受けてから1週間後くらいに、マーシャル・ディッグズから呼び出されて、ワシントンの彼のオフィスに行った。

ディッグズの話は、こうだった。

「亡命政府の大統領になるというコーリーの望みは、
 ケネディ大統領に認められた。

 コーリーはワシントンに大使館を置きたがっていて、
 すでに物件を押さえてあるが、コーリーの代理人として
 賃貸借契約をしてほしい。

 それから、君の妻のセシリーに、ほどなくCIAから任務がいく。

 彼女には、キューバの10ペソ紙幣と50ペソ紙幣を複製して
 もらいたい。

 ジョンソン副大統領は、我々に情報を流してくれる。

 だが、2つの問題を抱えている。

 ギャングのボスの密使をしているミッキー・ウィーナーという
 弁護士と、ジョンソンは繋がっているらしい。

 さらに、ビリー・ソル・エステスという男と密接に結びついて
 いるが、エステスは詐欺と殺人の疑いをかけられた。」

私はボルティモアの自宅に戻り、妻のセシリーおよびロス・スコイアーと、キューバ紙幣偽造の作業に入った。

そして、完璧な偽札をつくるにの成功した。

マリオ・ガルシア・コーリーは作品に満足し、我々は何百万ペソ分もの偽札を印刷した。

大部分は、コーリーを介してキューバの地下組織に渡った。

1961年8月までに、(偽札のために)キューバ経済は混乱をきたした。

コーリーは、マックス・テイラー将軍から『キューバ解放のための組織連合(UOLC)』を設立するように指示された。

61年10月初旬に私は、コーリーから2人のマフィアのボスを紹介された。

シカゴのサム・ジアンカーナと、ラスベガスのジョニー・ロゼリだ。

コーリーは、私にキューバの新紙幣を見せた。

我々の偽造したペソが大量に流布したことで、カストロは紙幣を刷新し、新紙幣の偽造が必要になったという。

翌日に、トレーシー・バーンズから電話があった。

密輸する武器が、すでにギリシャの倉庫にあるという事だった。

私は飛行機の予約をとり、スペインのマドリードに向かった。

マドリードの米大使館の商務官に会うと、「MATS(軍航空輸送部)の便で、アテネに飛び立つ用意が整っている」と告げられた。

アテネの空軍基地に着き、案内されてカフェに入ると、デイブ・フェリーが現れた。

フェリーは言った。

「結局、(武器の値段は)21万ドルでいいらしい。
 ジャック・ルービーとクレイ・ショーの間で、思っていた以上に
 うまい商談が成立したんだ。

 残りのカネは、他の武器にまわせる。」

倉庫に着くと、「パーミンデックスS・A」と記されていた。

中に入ると、箱が天井まで積み上げられていた。

「シュマイサー銃は2000丁ある。トンプソン銃は250丁だ。」と、フェリーは説明した。

フェリーはさらに説明した。

「すべてをリバプールに転送して、それからグアテマラに送る。

 書類にサインしたら、カネをいただこう。
 3日以内に、全部を船に乗せる。」

私は21万ドルに相当するポンド紙幣を渡した。

ホテルに戻ると、朝にフェリーから電話があった。

「あんたにテレックスが届いている。
 パリ経由で至急アメリカに戻ってもらいたいそうだ。

 飛行機は予約しておいた。」

パリのホテルに着き、ハミルトンと会った。

彼は大きな封筒を取り出し、こう言った。

「トレーシー・バーンズに言ってほしい。
 『これがお望みのハーベイからの情報だ』と。」

ハーベイとは、CIA局員のウィリアム・ハーベイのことだ。

彼は元FBIで、私が帰国して数日後にCIAによるカストロ暗殺計画の指揮官となった。

彼は、ジョニー・ロゼリ、サントス・トラフィカンテ、サム・ジアンカーナ、ロバート・メイヒュー、デル・バレらと頻繁に会った。

(2016年4月6日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る