モローは、カストロ暗殺作戦の参加メンバーの説明を受ける①

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

キューバのミサイル基地のコントロール・センターを破壊する計画を話した後、トレーシー・バーンズはさらに話を続けた。

「別の用件に入る。

 コーリーの仲間が、『今年の4月と7月にジャック・ルービーが、
 キューバに数週間滞在したこと』に気付いた。

 ルービーは武器商人だが、メキシコ・シティ経由でキューバに
 入り込んでいる。

 CIAはしばらく前から、その事を知っていたが、
 中国がコカインをキューバの砂糖と取引している事がはっきり
 するまでは黙認していた。

 どうやらルービーは、この取引を知り、カストロのキューバから
 麻薬を買って、アメリカに密輸している。

 カルロス・マルセロのためか、あるいは自分のために。」

「そんな事が、あり得るのですか?」

「もう1つ教えてやろう。

 これは、どんな事があっても漏洩してはならない。約束できるか?」

「もちろんです。もうここまで足を突っ込んでしまった。」

「君が拷問されても白状しないのは、以前の件で承知している。

 だが、この話し合いの後、ある時点で、君に特殊な前歯を
 埋め込むことになる。

 他に選択の余地のない状況になったら…、ほんの数秒で片がつく!」

私は、血の気が引いていくのが分かった。

バーンズは、不気味な笑顔を見せつつ説明した。

「ピッグズ湾侵攻の直前に、私の上司のリチャード・ビッセルは、
 CIAの技術サービス部に対して、特別暗殺プロジェクトを
 遂行できる組織の立ち上げを命じた。

 この作戦は、ウィリアム・ハーベイが指揮官となった。

 君はパリでハミルトンから、ハーベイの包みを受け取って、
 私に渡したことがあったね。

 ハーベイは現在、『ZR/RIFLE』という計画の一部として、
 『カストロ暗殺作戦』を実行している。

 コーリーの『オペレーション・フォーティ』もそうだが、
 『ZR/RIFLE』にも殺しのライセンスが与えられている。

 『ZR/RIFLE』は、国家元首を殺す許可が与えられているのだ。

 『ZR/RIFLE』は、外国から一団の暗殺者を雇って、
 監督している。

 暗殺者の1人は、1959年からジャック・ルービーと関係を
 持ってきた、トーマス・デイビスという男だ。

 デイビスは、カストロ暗殺作戦のための亡命キューバ人の訓練
 にも関係している。

 デイビスは現在、クレイ・ショーとニューオーリンズの彼の
 グループと共に行動していると思う。

 彼はまた、カルロス・マルセロ(ニューオーリンズ・マフィアの
 ボス)とも関係している。

 ニューオーリンズに拠点を置く暗殺チームがあり、
 CIAの支援を得て、マルセロの指示の下で行動している。」

トーマス・デイビスは、CIAのファイルにはトーマス・エリ・デイビス三世という名で情報がある。
1973年9月6日に死亡した。

ルービーは、オズワルド殺害後の尋問で、「デイビスは反カストロ運動に関わる銃砲密売人で、デイビスと組んで銃砲密売をするつもりだった」と話した。

デイビスは、ケネディ暗殺時はアルジェリアで投獄されていた。

投獄の理由は、ドゴール仏大統領の暗殺を企てたテロリストに銃を密輸したため。

その後、ひそかに釈放されてアメリカに戻ってきた。

釈放に尽力したのは、ビクター・マイケル・アーツらしい。

私は尋ねた。

「カストロ暗殺は、コーリーの組織の管轄でしたよね?」

バーンズは答えた。
「亡命キューバ人の過激派は、今ではニューオーリンズの
 クレイ・ショーと行動を共にしている。」

「この1年で、事態は急変したようだな。」

バーンズはさらに説明を続けた。

「ジャック・ルービーだが、CIAの保護の下で、公然と麻薬ビジネス
 を行っている疑惑がある。

 もっと悪いことに、我々の直接の指揮下にあるはずの
 デイブ・フェリーも、マルセロやショーと行動している。」

「クレイ・ショーは、ルービーの麻薬ビジネスについて知っている
 のですか?」

「いや、知っていると思わない。

 ショーの部下たちは、ほとんどがミニットマン(共産主義侵略阻止
 の秘密団員)から引き抜かれている。

 そのような人員補充を採っていれば、いかなる麻薬密売も
 排除されると考えられる。

 (共産主義の中国やキューバと麻薬取引をするとは考えられない)

 我々は、こうした行動にコーリーが関係していない事を、
 確かめなくてはならない。

 君は、彼といちばん親しい。」

「他に関わっている可能性があるのは、誰ですか?」

「クレイ・ショーの右腕で、フェリーの上役である、
 ガイ・バニスターという40代の男だ。

 CIAの契約諜報員だが、私は彼についてほとんど知らない。

 バニスターは、元FBI局員で、シカゴ支局の捜査官だった。

 そこでは、あのロバート・メイヒューの上司だった。

 ロバート・メイヒューは、かつてCIAのカストロ暗殺計画に
 加わり、マフィアのロゼリとジアンカーナと知人だ。

 バニスターは現在、ミニットマンの活動的なメンバーで、
 『カリブ反共連盟』のリーダーになっている。

 この組織は、『反共ブリゲード』というマイアミに拠点を置く
 組織の一部と、我々は見ている。

 バニスターは、61年1月に『民主キューバの友(FDC)』
 という組織も設立している。

 FDCは、元は『キューバ革命戦線』の一部隊だ。

 キューバ革命戦線は、かつてのカストロの部下達で占められている
 ため、コーリーと対立しており、後に『キューバ革命委員会』
 となった。」

「思い出した。

 彼らは、ニクソン副大統領の許可の下で、オペレーション・
 フォーティが殺すことになっていた者達ですね。」

「我々が心配しているのは、これまで信頼してきた者の多くが、
 手の内から離れていっている事だ。」

「ルービーに指示を出しているのは、誰ですか?」

「これまではバニスターだと思っていた。
 今では、マルセロとショーの可能性も出てきている。」

「こうした事態になっていると、全く知らなかった。

 コーリーが何を知っているのか、探り出してみましょう。」

「ありがたい。
 コーリーが我々の許から去ってしまわないか、知る必要がある。」

「バニスターには、かなりの部下がいるんでしょう?」

「およそ数十人だ。ただし、数人だけが内部サークルの者だ。

 バニスターは、補佐役兼パイロットとして、フェリーを重用している。

 ヒュー・ウォードという若者は、殺し屋と調査員の両方で
 使われている。

 モーリス・ガトリン・シニアは、パイロットで、CIA内部者
 だと思われる。

 最も危険な男は、カルロス・リガルだ。

 フランス出身の殺し屋で、CIAのコードネームはQJ/WIN。
 『ZR/RIFLE』作戦にいた男だ。」

 (バーンズは後に、QJ/WINはビクター・マイケル・アーツ
  という、有名な国際麻薬密売人だと明かした)

「クレイ・ショーは、CIAを通してバニスターを勧誘したのですか?」

「いや、紹介したのはニューオーリンズの弁護士ガイ・ジョンソンだ。

 ジョンソンは元海軍情報部の士官で、ショーの顧問弁護士をしている。

 私が憂慮しているのは、ガトリン・シニアが、『別のCIA諜報員が
 バニスターらと一緒にいるのを数回目撃した』と言っている事だ。

 その諜報員は、最近にソ連でのCIAの任務を終えたばかりで、
 ロシア人の妻がいる。(※オズワルドのことです)

 ケネディ大統領がキューバにミサイルが存在すると発表したら、
 こうした過激分子たちは彼を付け狙うだろう。

 誰かがケネディの暗殺を試みるだろう。」

「でも、あなたはそんな事はさせない。」

「もちろんだとも。
 とはいえ、何が起こっているかを知らねば手の打ちようがない。

 可能性のある筋書きについて、できる限りの情報を集める必要がある。

 ショーはすでに、いくつかの準軍事組織を訓練している。

 その目的は分かっていないが、メンバーにはCIAの人間と
 コーリーの仲間が何人か含まれているだろう。

 コーリーが彼らの計画について、何を知っているかをおさえる
 必要があるのだ。」

私は言った。

「探らねばならない男達について、もう少し説明していただけますか?」

「もちろんだ、頭に叩き込んでくれ。」

バーンズはブリーフケースから、いくつかのフォルダを取り出して、説明を始めた。

「これが、クレイ・ショーの内部組織だ。

 ショーはかなりの間、ニューオーリンズ・ワールド・トレード・
 センター(ニューオーリンズ・トレード・マート)の代表を
 務めている。

 また、CMCとパーミンデックス社の役員でもある。

 両方とも、CIAが設立した会社だ。

 ショーとCIAの公式な関係は、コンサルタントだ。

 次に、ガイ・バニスター。

 彼は副司令官をしている。

 彼は1955年まで、FBIのシカゴ支局長をしていた。

 それからニューオーリンズに行き、警察副署長となって数年を
 つとめた。

 その地位を去った後、猛烈な反カストロ主義者となり、
 特殊な探偵事務所を始めた。

 バニスターのFBI時代の部下に、ロバート・メイヒューがいる。

 メイヒューは、元CIAで、マフィアの暗殺コーディネーターを
 している。

 バニスターの事務所には、『自由キューバ委員会』も入居している。

 この団体が、コーリーの新しい組織『キューバ・キリスト教民主
 委員会(CDM)』の一部である可能性もあるから、調べてくれ。

 さらにバニスターは、「ルイジアナ・インテリジェンス・
 ダイジェスト』という反共の三流紙を発行している。

 ガイ・バニスターの副官は、デイブ・フェリーだ。

 フェリーは過去に、バニスターの下で調査員兼パイロットをしていた。

 現在はカルロス・マルセロのパイロットもしている。

 フェリーにはホモという噂があるが、事実そのとおりで、
 イースタン航空のパイロットを辞めさせられたのもそのためだ。

 フェリーは多才な男で、準軍事組織の訓練所をルイジアナ州
 ポンチャトレイン湖畔に建設したとの報告が入っている。

  さらに彼は、数人の仲間を飛行訓練し、自らもキューバへの
 任務飛行をしている。

 ショーの指揮の下で、フェリーとバニスターが、ルイジアナ州での
 反共および親共の人物調査書を作成している。」

「コーリーのニューオーリンズでの役割も、私に調べさせたいの
 でしょう?

 彼が関係していればですが。」

「率直に言って、イエスだ。

 もしショーがコーリーの部隊をコントロールしているなら、
 コーリーがケネディ政権に怒り狂っているからだ。

 君はコーリーに頻繁に会うから、我々の知らない何かが分かるかも
 しれない。

 ジャック・ルービーについてだが、彼の最も重要な仕事仲間は、
 トーマス・デイビスとローレン・ユージン・ホールだ。

 ホールについては、元キューバ・マフィアという以外は
 分かっていない。」

(後に判明したが、ユージン・ホールはかつてカストロと共に闘った
 が、1959年にキューバから追放され、反カストロ勢力に加わった。

 彼はケネディ大統領に発砲した1人とされ、75年7月11日に
 アメリカから逃亡した。

 彼は、自由キューバ委員会の一員で、麻薬取引に従事していた。)

「彼らは、ダラスを離れて活動しているんですか?」

「ダラス、マイアミ、ニューオーリンズで活動している。」

(2016年4月6~7日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る