モローは、カストロ暗殺作戦の参加メンバーの説明を受ける②
オズワルドについて

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

トレーシー・バーンズは、クレイ・ショーの組織を説明し終えると、思いついたようにこう付け加えた。

「クレイ・ショーの組織には、もう1人いる。
 リー・オズワルドだ。

 オズワルドはかつて海兵隊にいて、レーダー技師と暗号使用者の
 訓練を受けたあと、日本の米軍厚木基地に配属された。

 そこで勤務している間に、ロシア語を学んだ。

 厚木は、中国やソ連上空のUー2偵察飛行の大半が、
 飛び立っている基地だ。

 そこからトルコへも行く。 」

「ゲイリー・パワーズもそうでしたね。」

「オズワルドは、厚木で訓練を受けた後、MAAGのグループと
 共にフィリピンで秘密任務についた。

 1959年9月に、CIAの要請により、自分から除隊を申し出て、
 3日後に名誉除隊となった。

 もちろん彼を亡命者に装わせてロシアへ送り出した時には、
 不名誉な除隊に変更されたがね。

 除隊後に、彼は2000ドルの報酬をCIAから受け取った。

 そして、極秘情報の取扱許可証明と、暗号取扱証明を持って、
 極秘の任務についた。

 彼の任務は、アメリカのトップシークレットの暗号やレーダー
 情報などを持って、ソ連へ亡命することだった。

 そしてKGB大佐の姪でモスクワに住む少女に接触し、
 彼女をロシア国外に連れ出すことだった。

 それによって、叔父(KGB大佐)が亡命できるようにだ。

 この人物は、姪が唯一の血縁者だった。

 オズワルドは船でイギリスに渡り、ヘルシンキに移動して、
 陸路でモスクワに向かった。

 陸路を使うほうが、本当の亡命らしく見えるからだ。

 モスクワに到着すると、指示通りにアメリカ大使館へ駆け込んで、
 アメリカ市民権を放棄した。

 次にロシア政府に連絡をとり、暗号やレーダーの詳細な情報を与えた。

 もちろん、オズワルドがアメリカ大使館に姿を現したら、
 一両日以内に暗号やレーダーのコードをことごとく変更することに
 なっていた。

 これによって、ロシア人はオズワルドの内容が正しい事を確認
 できるが、重要なことは何も知ることができない。

 彼は何とかKGB大佐の姪と結婚し、彼女を連れ出すことに成功した。

 連れ出すには、彼は手首を切って狂人のように振る舞わねば
 ならなかった。

 我々は現在、この大佐の移住(亡命)を待っている。

 オズワルドはアメリカに帰国後、CIAから南部に行くように
 指示された。

 そして、CIAの極秘諜報部員ジョージ・ド・モーレンシルトの
 仲介で、ジャック・ルービーと付き合うようになった。

 (※その後、オズワルドはニューオーリンズに送られ、
  デイブ・フェリーとガイ・バニスターの保護下に置かれた)

 我々は、FBIもオズワルドを使っていると考えている。」

(2016年4月7日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る