ミサイル基地の破壊作戦は失敗に終わる
CIAはキューバ侵攻を計画する

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

トレーシー・バーンズと別れたあと、私は電話でマリオ・ガルシア・コーリーに連絡した。

彼の部隊は、すでにキューバのミサイル基地のコントロール・センターを攻撃する準備ができていた。

彼は、翌日の夜に攻撃することを了承し、攻撃を命じた。

1962年10月10日に、バーンズに呼び出された。

バーンズはコントロール・センター攻撃について、結果を話した。

「コーリーの仲間が失敗し、多大な損害を与えることはできたが、
 コントロール・センターは破壊できなかった。

 CIA長官が、それをケネディ大統領に説明した。

 送り込まれた12人のうち、唯ひとり生き残っていた男が、
 昨夜にハバナで拷問にかけられて死んだ。」

「かわいそうに…。で、次は何をするんです?」

「目下のところ、どうする事もできない。

 コーリーの仲間が、キーティング上院議員に説明した。

 キーティングは情報をたずさえて、ケネディ大統領と会見したが、
 何のコメントも受け取れなかった。」

「一体どうなっているんですか?

 目の前に危機が存在している事実を、頑として認めないとは。」

「世論調査では、もうすぐある国政選挙で、民主党は下院・上院の
 両方で支配力を失うだろう。

 ケネディ兄弟は、自らフルシチョフと闘い、キューバから核弾頭を
 撤去することで、民主党を勝たせようとしている。

 これは事実上のクーデターだし、ケネディ兄弟が巧みに仕組んで
 いるようだ。」

「アメリカ大統領が、議会で民主党の過半数を保つために、
 この国を核戦争の危険にさらしていると言うんですか?」

私はすっかり肝をつぶし、嫌気がさした。

トレーシー・バーンズは、話を続けた。

「世論調査では、アメリカ人は2対1の割合で、共産主義の脅威が
 続く場合はアジアへ大規模な介入をすることに賛成している。

 ケネディ政権の方針とは正反対だ。

 ケネディは大きな困難に陥っていて、民主党の勝利のために
 どこまでやるか誰にも分からない。

 CIAは、ケネディの狂気を止めるために、あらゆる手段を取る
 決意をした。

 今日の午後、情報をポール・スコット記者にもらした。

 信じられん話だが、ロバート・ケネディは『この話を活字にしたら、
 投獄する』とスコットを脅かした。

 だが、スコットは活字にした。

 さしあたり、君はコーリーのための特殊装置の作成にかかってほしい。

 彼はもう一度、ミサイル基地を襲撃しようとするかもしれない。」

その後、Uー2偵察機の写真で、ミサイル基地の証拠を手にすると、とうとうケネディ大統領はミサイル危機を公式に認めた。

キーティング議員が何ヶ月も言い続けていた事実を、コーリー、イギリス、CIAが2年前から知っていた事実を、やっと認めたのだ。

ケネディは、ニクソンが数ヶ月前に主張していた、「キューバの海上封鎖」を命じた。

そして、選挙の活動中にずっとソ連と交渉を行い、この国を不安と恐怖のどん底に陥れて、絶好のタイミングで交渉の成功を発表した。

ミサイルとソ連アドバイザーをキューバから引き揚げることに、ソ連指導者のフルシチョフは合意した。

ケネディは空前の人気となり、選挙で民主党は勝利した。

ケネディは、キューバのIRBM(中距離弾道ミサイル)の撤去と引き換えに、トルコにあるアメリカのミサイル削減に合意した。

さらに、キューバへの「不干渉」にも合意した。

これにより、アメリカやその同盟国はキューバ侵攻が不可能となった。

CIAは、この決定を認めず、再びキューバ侵攻を計画した。

今回は、コスタリカから出発する予定だった。

この侵攻を成功させるため、1963年1月にコーリーは、キューバ紙幣の偽造作戦を再開するように求めた。

私はバーンズに連絡し、作戦再開の承認を得た。

私はケネディ大統領も承認していると思っていたが、まもなくそれが早合点だったと知った。

ケネディは、「キューバ不干渉」を実行するために、亡命キューバ人の作戦を中止するようにCIAに迫っていた。

CIAは、ケネディの指揮下を離れて活動していた。

亡命キューバ人たちは、キューバにIRBMが残存しているのを知っていた。

(エルミニオ・ポルテル=ヴィラ博士は、準中距離弾道ミサイルが1966年までキューバにあったと証言している)

ハンソン・W・ボールドウィンは、アトランティック・マンスリー誌1963年4月号の記事で、「まだキューバにミサイルがある」と書いた。

この事実は、ケネディ兄弟によって潰された。

ケネディは国民を欺いていた。

アメリカ国民は、キューバ危機後もミサイルが存在していることを知らなかった。

ケネディは、キューバ亡命人のカストロ打倒を支援するために設置された、すべての訓練キャンプやゲリラ基地を、CIAに放棄させた。

CIAの撤退にもかかわらず、反カストロのアントニオ・ベシアーナが率いる亡命キューバ人たちの部隊は、戦いを続けた。

ベシアーナは、SNFE/ALPHA66戦闘グループの指揮官であった。

このグループは、キューバ軍の駐屯地と、2隻のソ連貨物船を、攻撃した。

ベシアーナはCIAの助言でワシントンで記者会見を開き、ケネディのキューバ政策を変えようとした。

ケネディは激怒し、「そのような襲撃がアメリカ領土で着手されないために、必要なあらゆる手段をとる」との声明を63年3月30日に発表した。

4月5日には、フロリダ海峡の警備を強化し、反カストロ活動の抑止を試みた。

だが4~5月には、亡命キューバ人たちのキューバ襲撃が相次いだ。

その一方で、CIAの計画するキューバ侵攻は、63年12月に決行と予定された。

私はかなり後になって、この侵攻作戦も2回目の紙幣偽造作戦も、マフィアによって資金供給されていた事を知った。

(2016年4月7~8日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る