フーバーFBI長官は、JFK暗殺計画を知るが無視する

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

JFK暗殺の計画は、フーバーFBI長官が知ってしまった。

サントス・トラフィカンテは、裕福な亡命キューバ人のホセ・アレマンに、ケネディ兄弟の不正行為や協定を守る能力の欠如を話し、「JFKは暗殺されることになっている」と明かした。

「ジミー・ホッファが暗殺計画で主要な役割を果たす」とも明かした。

アレマンは、FBIに情報提供をしている者で、FBIに報告されてフーバー長官の知るところとなった。

フーバーは、1963年11月4日までにJFKを暗殺するように求めた『暗殺契約』を、カルロス・マルセロが出している事も知った。

マルセロとホッファが親密な事も知った。

フーバーは、手元の情報を分析し、「マルセロが主要な容疑者であろう」と推測した。

しかし彼は、暗殺の計画をケネディに報告しない決心をした。

ケネディ兄弟はフーバーを解任しようとしていたが、フーバーは地位を維持したかったからだ。

彼は、すでにケネディ大統領の性的不品行の情報を集めて脅迫したが、失敗に終わっていた。

フーバーは、ジョンソン副大統領の調査書類という、切り札を持っていた。

ジョンソンは、ビリー・ソル・エステスと農務省との係争(汚職事件)の隠蔽に関係していたし、ボビー・ベイカー事件もあった。

これらの情報と、フーバーとの長年の友情を考えると、ジョンソンが大統領になればフーバーを留任するはずだ。

唯一の危険性は、ケネディが暗殺された後に、ジョンソンが事件の調査を推し進めることだった。

だが、フーバーは調査をしない方に賭けた。

そして、ケネディが暗殺されると、隠蔽工作の主要メンバーとなったのである。

リチャード・ニクソンが差し迫ったケネディ暗殺計画について知ったのは、親友のフーバーからだった。

暗殺の前夜には、2人は揃って石油王クリント・マーチンソンの自宅で行われた会議に出席した。

その会議の議題の1つは、ケネディが暗殺された場合の2人の政治的将来だった。

ケネディ兄弟は、1963年初頭に、いくつかの致命的な決断を下した。

その1つは、64年の選挙の副大統領候補から、ジョンソンを外そうとした事だ。

もう1つは、フーバーFBI長官を辞めさせようとした事だ。

ジョンソンは、副大統領の地位のおかげで、刑事告訴から免れていた。

彼は、ボビー・ベイカーとの親交により、マフィアとの繋がりが明るみにでた。

ベイカーは、マフィアやチームスター企業と繋がっていた。

1963年9月に、ベイカー/レビンソン・スキャンダルが発覚し、ラスベガス・カジノを経営するマフィアとジョンソンの繋がりが暴かれた。

カジノ建設費を出したのはジミー・ホッファで、監査役はマイヤー・ランスキーとレビンソンだった。

民主党の保守派の下院議員たちは、ホッファを起訴したことを理由に、ロバート・ケネディを弾劾したが、これによりホッファとジョンソンの密接さが明白となった。

(※ジョンソンは、民主党保守派の重鎮です)

63年の初秋には、ビリー・ソル・エステスの不動産取引をめぐって発生した謎の死について、調査が開始された。

そして、不可解な死にジョンソンが関係しているのが浮かび上がった。

(この汚職事件では、4名が不審な死を遂げている。

 ヘンリー・マーシャルは、エステスの広大な綿花作付けの割り当て
 について調査中に射殺された。

 ジョージ・クルーティレックは、FBIの取り調べをうけた後に、
 一酸化炭素中毒で亡くなった。

 ハロルド・ユージン・オアは、テキサスのアマリロ社の社長だが、
 一酸化炭素中毒で亡くなった。

 ハワード・プラットは、エステスの肥料供給者だが、
 一酸化炭素中毒で亡くなった。)

フーバーFBI長官は、CIAとマフィアのカストロ暗殺計画を、1962年5月に探り出した。

フーバーは、CIAの行うアメリカ国内での非合法活動にも気付いていた。

一例として挙げられるのが、『秘密郵便監視プログラム』で、CIAは興味を抱いた人物の郵便は開封していた。

これは明らかにアメリカの法律に違反している。

皮肉なことにCIAのこの作戦は、FBIが「郵便監視作戦を始めたい」と郵政機関に要請した時に発見した。

FBIは63年2月に発見したが、フーバーとCIAの実質的なトップであるリチャード・ヘルムズは、ある提携をして解決した。

「お互いに、相手の不法行為を見逃して隠蔽すること」で合意したのだ。

FBIとCIAの提携は、ケネディ暗殺を熱望する者たちにとって、重要な意味があった。

(2016年4月8日、同15日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る