コーリーやモローは、
キューバ紙幣の偽造が見つかり逮捕される

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

1963年5月末までに、私は2回目のキューバ紙幣の偽造作戦に必要な準備を終えた。

カストロが61年の末に導入した新紙幣は、複雑な構造をしていて、偽造工程には膨大な作業を要した。

そのうえマリオ・ガルシア・コーリーは、5000万ペソ分を作るように求めてきた。

新たなキューバ侵攻は、63年12月の第1週に行われる予定となっていた。

侵攻の前に、カストロ軍を買収するため偽造紙幣を配る予定で、それには10月末までに必要だった。

その仕事量を考えた結果、私たちは外部の印刷業者を雇うことにした。

マーシャル・ディッグズに連絡すると、彼を介してニューヨークの印刷業者を紹介された。

コーリーは私に、「ニューヨークで偽造紙幣を印刷するハリス氏に、一緒に来て会ってくれ」と依頼してきた。

私はニューヨークに行き、コーリーと合流した。

ハリス氏に会うと、彼は銃を携帯しており、私は不安になった。

彼と話してみると、専門知識に欠けるのは明らかだった。

ハリスと別れた後、すぐさま私は言った。

「あんなひどい印刷業者は初めてだ。」

コーリーは不安そうな表情を見せたが、こう答えた。

「彼は問題ないという確信がある。
 名高い弁護士で私の支持者のウォルター・シュルツが紹介者
 だからだ。」

私はハリスを信用できなかったが、決定を変更する力は無かった。

ボルティモアの自宅に戻ると、相棒のロス・スコイアーがひどく動揺していて、電話を指して言った。

「受話器をとって、どう思うか教えてくれ。」

受話器に耳を押し当てると、ダイヤル音に混じって、自動スイッチの作動するカチッという音が聞き取れた。

電話線にとりつけてあった特別な独立回路のおかげで、盗聴されているのが分かった。

私は(自宅が盗聴されているので)街に出て、バーから上司のトレーシー・バーンズに電話した。

ニューヨークでの顛末や盗聴について話したが、バーンズは「デル・バレや自由キューバ委員会のニューオーリンズ支部と話をするために、マイアミに行けるか?」と尋ねてきた。

私は翌朝にマイアミに向かい、デル・バレと再会した。

デル・バレと一緒に、「デイブ・フェリーの仲間」という男もいた。

この男は、ガイ・バニスターだった。

私が「印刷業者ハリスには不安がある」と説明すると、バニスターは「ただちにハリスの身元を確かめる」と言った。

デル・バレとバニスターは、「現在すすめている反カストロ作戦は、デイブ・フェリーが主として立案している」と説明してくれた。

私はこの時、彼らがJFK暗殺に関与する男達だとは、全く知らなかった。

1963年9月末に、1年かかったキューバ紙幣の偽造の準備が、完了した。

偽札の原版は完成し、コーリーに渡すだけとなった。

コーリーに連絡し、彼の部下のビル・グロシュが、私の家に原版を取りに来た。

すると、その日のうちにコーリーから電話があった。

印刷業者のハリスが問題を指摘しているという。

私は、「嫌な予感がする。あの印刷業者は全くの素人だ。」と忠告した。

それから2週間すると、私の家にシークレット・サービスの者がやって来た。

彼らは、「あななたち全員に逮捕状が出ている。君の仲間のコーリーを、偽札の原版を渡そうとした容疑で逮捕した。」と告げた。

ハリスは、財務省に雇われたシークレット・サービスの者だったと判明した。

私は逮捕され、10月2日の早朝の数時間を、ボルティモア市の刑務所で過ごした。

4時間ほどで刑務所から出られて、刑事弁護士のフレッド・E・ウィーズガルと会った。

ウィーズガルは、会うなり言った。

「心配ない。全てうまく処理するように指示をうけている。」

私たちは、紙幣偽造で起訴された。

私は2.5万ドルの保釈金を支払うことになった。

ウィーズガルのオフィスに入ると、彼は言った。

「検事は君を裁こうとするが、CIAが彼のオフィスに圧力をかける
 事ができるだろう。

 問題はコーリーだ。
 検事はおそらく、ケネディ兄弟から死刑にするように指示を
 受けているはずだ。

 これから数ヶ月は、凄まじい生存競争になる事を頭に入れて
 おいてほしい。

 君が刑務所に入らずにすむようにするのは、非常に難しい。
 ケネディ大統領が死にでもしない限りな。」

我々の逮捕により、キューバ紙幣の偽造作戦とキューバ侵攻作戦は打ち砕かれた。

コーリーを厄介払いするケネディの策略は見事だった。

コーリーは、キューバのミサイルの実状を知りすぎていたし、沈黙するのを拒んできた。

彼は社会的に信頼されていたので、彼を抑えるにはキューバ紙幣の偽造作戦を摘発するしかなかった。

コーリーは犯罪者となり、亡命キューバ人の組織は無力化させられた。

デル・バレは、コーリーや私が逮捕された後、ケネディ政権に紙幣偽造作戦を密告したのは誰かを調べた。

その結果、コーリーの軍事コーディネーターだったギルベルト・ロドリゲス・エルナンデスが暗殺された。

エルナンデスは、情報を亡命キューバ人の左派に伝え、そこからケネディに通報されていた。

キューバ紙幣偽造の裁判では、64年4月6日のコーリーの裁判に、私と妻のセシリーは出頭して証言した。

私は、CIAに雇われていたと認め、ペソの偽造について話した。

(2016年4月8日、5月2日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る