ジョンソンが大統領に昇格し政策が大きく変わる
FBIもCIAも真相を隠蔽する

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

ジョンソンが新大統領になると、フーバーFBI長官はすぐに副長官クライド・トルソンにこう命じた。

「すべてのFBI上級職員に対して、『ケネディ暗殺の調査を終結させ、
 オズワルドが単独犯であるとの報告書を提出しろ』と圧力をかけろ。」

フーバーはさらに、ニューオーリンズとダラスの支局に対して、「FBIにとって面倒を生じるものは全て抹消しろ」と命じた。

FBI副長官の1人であるウィリアム・サリバンは、CIA内通者であり、CIAにこの情報が伝えられた。

FBI要人の何人かは、CIAのために働いていた。

(※サリバンは1971年にFBIを解雇される)

FBIのニューオーリンズ支局は、問題に直面していた。

ウォレン・デブリューズ捜査官は、オレスト・ペナという情報提供者を抱えていた。

ペナは、亡命キューバ人の指導者セルジオ・アーカチャ・スミスと仕事をしていた。

スミスは、かつてキューバ革命委員会(CRC)のニューオーリンズ支部長だった男だ。

ペナは、デイブ・フェリーの仲間で、「デブリューズとオズワルドが関係していた」と申し立てる可能性があった。

(※オズワルドはCIAだけでなく、FBIのためにも働いていた)

ペナは1975年11月26日のCBSインタビュー番組で、こう証言している。

「私がウォレン委員会で証言するおよそ10日前に、デブリューズが
 やってきて、こう言った。

 『俺は非常に不安だ。俺のことを少しでもしゃべってみろ、
  お前を片付けてしまうからな。』」

1963年11月23日に(ケネディ暗殺の翌日に)、ジョンソン大統領とマッコーンCIA長官は、『国家安全保障覚書 二七八』に署名した。

これは、JFKが決定していたベトナム戦争の規模縮小を、ただちに無効にする秘密書類だ。

この署名によって、ベトナム戦争は議会の承認を得ることもなく、全面戦争へと向かっていく。

そして、戦争を進めるための白紙委任状が、CIAに与えられた。

この日以降、キューバに変わってベトナムが、アメリカの悩みの種となる。

そしてアジアは、アメリカ・マフィアの大きな麻薬供給源となっていく。

CIA専有の航空会社であるエア・アメリカは、アヘン運搬を行った。

その一方で、反カストロの亡命キューバ人たちは、JFK暗殺をカストロのせいにしようと画策した。

ローランド・マスフェラーは、サルバドール・ディアス・バーソンをメキシコ・シティに送った。

メキシコは、オズワルドが暗殺の前に訪れたと考えられていた。

バーソンはメキシコ・シティで、「カストロがJFK暗殺を工作し、オズワルドはキューバ大使館員のシルビア・デュランの家に滞在していた」とのニセ情報を流した。

この工作は功を奏し、メキシコ・シティの警察によって取り上げられさえした。

CIAはこの動きに呼応し、「カストロ暗殺の作戦を中止しろ」とローランド・キュベロに伝えた。

ニセ情報はマッコーンCIA長官に伝えられ、真相を知らされていない彼はジョンソン大統領に「メキシコ・シティでのオズワルドのソ連(キューバ)との接触は、不吉な意味を持つかもしれない」と報告した。

フーバーFBI長官は、オズワルドが単独で犯行したと、ジョンソン大統領やマスコミに納得させようとした。

FBIの提出した書類は、オズワルドに不利なものばかりで、マフィアやCIAに触れていなかった。

だが、CIAのメキシコ駐在員は、「ローランド・キュベロがオズワルドと接触していた可能性がある」と報告した。

ヨーロッパのCIAの情報源も、「ケネディ暗殺にキュベロが関わっていた」と伝えてきた。

(※実際には、キュベロはCIAの下でカストロ暗殺作戦に関わっていた)

キュベロのカストロ暗殺作戦を取りしきっていたCIAのデズモンド・フィッツジェラルドは、上司のリチャード・ヘルムズに相談した。

そして、「キュベロに関するファイルは、ウォレン委員会に提出するな」と命じられた。

通常の手続きが採られていれば、カストロ暗殺作戦の詳細がこの時に暴露されていたはずだ。

ヘルムズは、重要な情報を故意に大統領らに知らせなかった。
反逆罪に等しい行為だった。

フーバーとヘルムズが隠した情報を考えると、2人の沈黙は犯罪の共謀に匹敵する。

FBIは、キューバ政府や亡命キューバ人がケネディ暗殺に関わっていたかを、決して調査・確認しなかった。

1963年11月29日に、ジョンソン大統領は『ウォレン委員会』を設置した。

フーバーは当初、設置に反対していたが、「委員会が受け取るデータを、CIAとFBIがコントロールできる」と見て態度を変えた。

委員会のメンバーは、CIAとFBIを保護する者たちだった。

だがメンバーの一部は、疑い始めた。
有力な証言が現れたからだ。

端的に示しているのは、テキサス検事総長のワゴナー・カーの証言だろう。

カーは、「オズワルドはFBIの情報提供者として雇われていた。62年9月にナンバーS-179を与えられ、月200ドルが支払われていた」と主張した。

ウォレン委員会は、64年5月26日に「反カストロの亡命キューバ人・グループである、MRP、Alpha66、DREの情報を出せ」と、FBIに求めた。

フーバーは、「オズワルドと反カストロ派キューバ人の繋がりが分かったら、すぐにマフィアとCIAとFBIの共謀が導き出される」と承知していた。

そのため、「FBIは何も情報を持っていない」と嘘の返事をした。

結局、ウォレン委員会の報告書には、亡命キューバ人、マフィア、CIAの不審な情報(真実の情報)はいっさい含まれなかった。

JFK暗殺後、「デイブ・フェリーが関与している」との証言がいくつも出た。

フェリーをはめようという試みだったと考えられる。

ジム・ギャリソン地方検事は、フェリーの調査を始めて、67年までにすっかり把握した。

すると67年9月のライフ誌は、「ギャリソンが、カルロス・マルセロやジミー・ホッファと関係を持っている」との記事を載せたのである。

(2016年5月2日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る