ケネディの愛人だったマリー・マイヤーは、
口封じで殺される

(『ケネディ暗殺』ロバート・モロー著から抜粋)

1964年10月12日に、リチャード・ヘルムズの片腕でジェームズ・アングルトンの補佐官でもあったコード・マイヤーの、前妻マリー・マイヤーが道路で殺害された。

マリーは、離婚した後に、JFKの愛人となっていた。

彼女が殺されると、アングルトンは彼女のアパートを捜索して、日記などを奪って燃やしてしまった。

ジェームズ・アングルトンは、ニクソン政権になるとCIAの非合法国内諜報プログラム『オペレーション・ケイオス』に関与して、74年に退職させられる事になる。

マリー・マイヤー殺害の少し前に、マーシャル・ディッグズが「ただちに会いたい」と、私に連絡してきた。

会うと、ディッグズは前置きもなしに、「君に生命の危険があるかもしれない」と告げた。

彼は説明した。

「このワシントンに、ケネディ暗殺について知りすぎている女性がいる。

 その女性は、CIA内部に通じていて、さらにロバート・ケネディの
 友人だ。」

「ディッグズ、いったい誰のことを言っているんだ?」

「コード・マイヤーの前妻マリーだ。」

「CIAのコード・マイヤーか?」

「そうだ。
 マリーは1956年にコードと離婚し、JFKが大統領になると
 夜をホワイトハウスで過ごすようになった。

 マリーは、私の友人に『CIAに関係する亡命キューバ人と
 マフィアが、JFKを殺したと知っている』と断言したんだ。

 その友人は、すぐに連絡をくれた。」

「(亡命キューバ人のリーダーの)マリオ・ガルシアコーリーは、
 暗殺に関与していたのか?」

「コーリーは分からないが、デル・バレとプリオは絡んでいただろう。

 コーリーはいま、保釈中に逃亡しようとしている。

 私の友人が、この件に取り組んでいる。」

私は、その友人とはニクソン元副大統領だろうかと考えたが、追及はしなかった。

ディッグズは話を続けた。

「誰かがマリー・マイヤーのことを、コーリーに話さなければならん。

 彼は、私の所よりも君に連絡をするはずだ。」

「もうこれ以上、関わり合いになるのは御免だ。」

ディッグズは、炎も凍らせるほどの冷ややかな表情になり、こう脅してきた。

「どうやら君は、あのマリンカ・ライフルの事を忘れてしまった
 ようだ…。

 君がデル・バレに与えたトランシーバーの事も。」

私は、嫌々ながらコーリーと会うのを了承した。

ディッグズは、別れ間際に言った。

「コーリーに、『我々のことを絶対に漏らすな』と伝えてくれ。

 トレーシー・バーンズも懸念している。

 マリー・マイヤーを消すこともできるが、バーンズはまだその気に
 なっていない。」

ディッグズと別れた後、私は罠にかかったネズミのように感じた。

数日後にコーリーから連絡があり、ニューヨークで会った。

マリー・マイヤーの話をすると、彼は非常に心配そうな顔つきになり、こう言った。

「この件について十分に気をつけると、ディッグズに伝えてくれ。」

1週間後にマリーは殺され、彼女の日記はジェームズ・アングルトン(CIA幹部)の手に渡った。

(2016年5月11日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る