ケネディ暗殺事件は、他の事件と繋がっている

(『決定版二〇三九年の真実』落合信彦著から抜粋)

ウォレン委員会の報告書は、オズワルドを単独犯と決めつけ、ケネディ暗殺には何の陰謀もなかったと強調している。

ところがジョンソン大統領は、「重要な証拠は2039年まで公表してはならない」という行政決定を下した。

さらに、国家記録保存所から暗殺に関する証拠書類が、次々と紛失している事実も発表されている。

ケネディ暗殺の謎を解かないかぎり、アメリカの真の姿は分からないし、内側から動かしている力が何であるかも分からない。

今の日本は、虚像の部分だけを見て対米外交をしている様に、私には思える。

ケネディ暗殺は、ミクロ的に見つめても究明されない。

その5年後に起きたロバート・ケネディ暗殺、9年後に起きたジョージ・ウォラス暗殺未遂などと繋ぎ合わせて、初めて全体図が浮かび上がる。

さらにウォーターゲート事件は、決定的な究明のカギを提供している。

ウォーターゲート事件の主犯格のバーナード・バーカーとフランク・スタージェス、計画責任者のエベレット・ハワード・ハントの名前を見た時、私ははっとした。

3人は、1961年4月のピッグズ湾侵攻作戦に参加した、CIAの要員だ。

あの作戦では、ケネディ大統領はCIAの要請を断り、米軍の投入をしなかった。
結果としてキューバ侵攻は失敗し、CIAの計画は破綻した。

(2017年4月4日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る