クレイ・ショーを調べる

(『JFK ケネディ暗殺犯を追え』ジム・ギャリソン著から抜粋)

ウォーレン委員会の資料を読んでみて、私は弁護士のディーン・アンドルーズから話をきくことにした。

アンドルーズはロー・スクールで一緒に学んだ時からの知り合いだが、FBIから聴取を受けた時にこう証言していた。

「オズワルドがニューオーリンズに住んでいた1963年の夏に、
 クレイ・バートランドから電話がかかってきて、(オズワルドの
 妻の)マリナが公民権のことで問題をかかえているので
 オズワルドに会ってやってほしいと依頼された。

 オズワルドとは事務所で何度か会った。

 さらにケネディ暗殺事件の翌日、バートランドからオズワルドの
 弁護士を務めるようにと依頼の電話があった。」

「クレイ・バートランドは何者なのか」とアンドルーズに尋ねたが、「それに答えたら弁護士なんてしていられなくなる。政府を敵に回す気か?」と言って、逃げ去ってしまった。

私たちの調査チームは、クレイ・バートランドを捜すことにした。

すると数週間後に、『クレイ・バートランドは、クレイ・ショーの別名である』と判明した。

ショーは、バーで飲む時にこの変名を使っていた。

街のバーに出入りしている事がわかると、名士としてのイメージに傷がつくと考えたらしい。

クレイ・ショーは、インターナショナル・トレード・マート社の理事であり、ニューオーリンズの名士だ。

後になって、彼がCIAの工作員として国際的に活動していたのを知ることになる。

ショーはCIAの下で、イタリアのローマでファシズム復活を画策していた。

この工作はイタリアの新聞にすっぱ抜かれたが、それらの記事によれば、CIAは1960年代初めにあるプロジェクトを始めた。

そのための組織であるサントロ・モンディアール・コメルシアール(世界貿易センター)は、モントリオールで設立され、61年にローマに移された。

この組織の理事にクレイ・ショーは名を連ねていたが、他にもグティエレス・ディ・スパダフォロ(サヴォイ家の1人で、ムッソリーニ政権下で農務次官を務めた)が理事だった。

スパダフォロは、ナチス政権で大蔵大臣をしたヤンマール・シャハトと縁戚関係にある。

サントロの理事には、国を追放されたハンガリーの元首相フェレンク・ナジもいた。

ナジはパーミンデックスの総裁をしていたが、これはサントロから派生した組織で、ファシスト運動を支援していた。
クレイ・ショーはパーミンデックスでも理事を務めている。

サントロの主要株主の1人は、L・M・ブルームフィールドという少佐だが、彼はアメリカ人で元OSS(CIAの前身)だ。

1962年になってイタリア政府とスイス政府は、サントロとパーミンデックスを破壊情報活動のかどで自国から追放した。

両団体はヨハネスブルクに本部を移した。

フェレンク・ナジはCIAと深い関係にあったが、その後アメリカに移住した。

イタリアの新聞は、「パーミンデックスはフランスの秘密軍事組織であるOASに資金提供していた」と報道している。

これを知ると、ガイ・バニスターやデイブ・フェリーがCIAからOASに提供された武器・弾薬を回収する作戦に参加したのも納得できる。

(2018年8月19日&22日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る