大統領パレードのルートは変更されていた

(『JFK ケネディ暗殺犯を追え』ジム・ギャリソン著から抜粋)

ケネディ暗殺事件の調査をする中で、私は新聞記事も調べた。

1963年11月22日(暗殺当日)の『ダラス・モーニングニュース』の第1面では、大統領パレードのルートを示す地図が大きく載っていた。

それを見ると、ルートはメインストリートを直進して、ディーリー・プラザの中央を通ることになっていた。

実際のパレードでは、右折してヒューストン・ストリートに入り、それからエルム・ストリートに入っている。

そのために大統領の車は時速10マイルくらいにスピードを落とすことになった。

最後の土壇場になってルートが変更され、教科書倉庫ビルの前を通ることになったのである。

ウォーレン委員会でもこの新聞は証拠として採用されたが、驚くことにパレード・ルートの地図は切り取られて灰色一色になっている。

委員会は、証拠を意図的に隠滅したのだ。

さらに調べてみると、当時のダラス市長はアール・キャベルという人物だが、CIAの元副長官であるチャールズ・キャベルの兄弟だった。

チャールズ・キャベルは、ピッグズ湾侵攻作戦の責任者で、同作戦が失敗におわった後にケネディからCIA副長官を解任されていた。

それ以来、ケネディに対するチャールズの憎悪はワシントンでは知らない者はなかった。

(2018年8月22日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る