マリーナ・オズワルドの話 オズワルドについて

(『大統領の検屍官』シリル・ウェクト著から抜粋)

1991年11月のある夕方、マリーナ・オズワルドから電話が来た。

(マリーナは、リー・ハーヴィー・オズワルドの妻です)

マリーナは、あるテレビ番組への出演を依頼されたが、気が進まず私に代役を頼んできたのだ。

私は引き受け、この機会を逃すまいと、リー・ハーヴィー・オズワルドについて色々と聞いた。

マリーナは、オズワルドが殺されてから3年後に、ダラスの建築請負業者と再婚している。

マリーナ

「リーは、私にとっても謎です。

 リーはどうしようもない夫で、初めは『母親は死んだ』と言って
 いました。
 でもある日に突然、母親が現れたんです。

 あの人の事は、どうしても理解できませんでした。」

リー・ハーヴィー・オズワルドは、1939年にニューオーリンズで生まれた。

父親は、彼が生まれる2ヵ月前に亡くなっている。

母親は、何度も再婚した。

リーは17歳で海兵隊に入隊するが、友人もほとんどいない孤独なものだった。

しかし軍の高官は、リーを極めて知的な人物と見なし、おとり捜査官か情報提供者になるように誘った。

1959年に、リーはソ連に亡命した。

ソ連政府は、リーに市民権を与え、ミンスクのアパート・仕事・政府給付金を提供した。

同年に、リーはマリーナと出会い結婚した。(※マリーナはロシア人です)

マリーナ

「リーはあまりにロシア語が上手かったので、初めは他の
 共和国の人かと思ったわ。

 彼がアメリカ人と知った時はショックでした。

 でも、あの人に惹かれて、デートを重ねて結婚しました。」

1962年6月に、オズワルド夫妻は女の赤ん坊を連れてアメリカに帰国した。

夫妻はダラスに腰を落ち着け、アメリカ政府は引っ越し費用まで負担している。

リーはソ連に亡命し、親共産主義者としてマークされていたはずだ。

なぜアメリカ政府は支援したのだろうか。

マリーナ

「ロシア市民は、アメリカに行く許可をもらうのは至難の
 技でした。

 だから、申請が認められた時は、心底びっくりしました。

 段取りは、すべてリーがやってくれたんです。書類は全部
 あの人が持っていました。」

(オズワルドが特別の人物として遇されていたのは、間違いないです。当時の状況で、アメリカとソ連の両方から厚遇されるのは、普通では考えられません。)

マリーナ

「アメリカでは、リーはいつもロシア語で話しかけてきたから、
 私は英語を学ぶ必要を感じませんでした。

 でも英語を話せなかったから、友達はできませんでした。」

リーはしばしば怒りを爆発させて、マリーナに暴力をふるった。

リーはニューオーリンズに仕事を探しに行ったが、1963年10月にクビになりダラスに戻ってきた。

そして、マリーナの友人であるルース・ペインの口利きで、テキサス教科書倉庫で仕事にありついた。

マリーナはペインとアーヴィングに住み、リーはダラスでアパートを借りた。

ケネディ暗殺の日の朝、目撃者たちによるとリーは紙に包んだ細長いものを持っていた。

「カーテンの棒だよ」とリーは説明した。

ケネディ暗殺の90秒後に、リーが倉庫ビルの2階でソフト・ドリンクを飲んでいるのを、警官は見つけた。

リーは息も切れておらず落ち着いているため、警官は見逃した。

リーは倉庫ビルを後にし、自分のアパートに向かう市バスに乗った。

だが、すぐにバスを降り、タクシーに乗ってアパートに近くまで行った。

リーはアパートに戻ると、上着を替えて、ピストルを持ち、アパートを出た。

目撃者によると、リーはアパートから6ブロック離れた場所で、ダラス署のティピット巡査から身分証の提示を求められた。

リーは無視し、ティピットが近づくと銃を撃って殺した。

その後、数ブロック歩いてテキサス劇場に金を払わずに入った。

警察は劇場内でリーを逮捕した。

そして、ケネディ大統領暗殺とティピット殺害の犯人と発表した。

ケネディ暗殺の数時間後に、警察が家まで来て、マリーナを連行した。

マリーナ

「誰もが、(リーの妻なため)私をソ連のスパイだと思って
 いました。

 でも違います。」

マリーナは、2~3分だけリーとの面会を許された。

マリーナ

「あの人は、とても怯えており、些細でつまらない話しかしませんでした。」

(この後、リーはジャック・ルビーに殺されてしまった)

1979年に米下院の暗殺調査委員会が開かれると、マリーナは初めて「夫は狂った単独犯の狙撃者ではなかった」と信じられるようになった。

マリーナ

「今では『夫は犯人ではない』と信じる事ができます。

 あの人はお人好しだったんです。

 悪い連中と付き合っているのは自覚していましたし、
 家に銃を取りに戻ったのは自分の身を守るためだったん
 でしょう。

 リーは頭の回転が良くて、ごまかすのが上手い人でした。

 でも、同じ人間がここまでと思えるほど、バカな事も
 やりました。

 私が知っているリーは、心底JFKを愛していました。

 彼は陰謀を知っており、誰が犯人か知っていたと思います。

 身代わりにされると分かった時には、すでに手遅れだったん
 でしょう。」

(2014年12月25日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る