フランク・ラガノ弁護士の証言
マフィアが暗殺に関与した

(『大統領の検屍官』シリル・ウェクト著から抜粋)

オリバー・ストーンの作った映画『JFK』が公開されると、アカデミー賞の何部門かにノミネートされた。

私は、ストーン監督からの依頼で、いくつかのシーンを手伝っていた。

『JFK』は高く評価されたが、驚くことに「ニューヨーク・タイムズ」や「ワシントン・ポスト」は酷評した。

ニュース・メディアは、「この映画は、真実を誇張し歴史を曲解している」とし、FBIやCIAに立ち向かおうとしなかった。

『JFK』は、国民の注意を再びケネディ暗殺事件に向けさせた。

2029年まで封印されている下院暗殺調査委員会のファイルについても、公開を求める動きが高まっている。

1992年には「JFK記録収集法」が成立し、暗殺に関する政府の全書類を再検討することになった。

1991年1月に、私はフロリダ州のフランク・ラガノ弁護士と話し、『ジミー・ホッファがケネディ暗殺を命じたという説』を詳しく聞いた。

ラガノは、1960~70年代にマフィアの弁護士を務めていた。

ラガノ

「1963年の初めにジミー・ホッファから、フロリダ・
 マフィアのボスであるサント・トラフィカンテと
 ニューオリンズ・マフィアのボスであるカルロス・マルセロ
 への伝言を頼まれた。

 ホッファは、『大統領を殺せ』と私に伝えさせたんだ。

 私は、2人が冗談だろと笑いとばすと思っていたが、
 2人はひどく深刻な顔つきで視線を交わしたんだ。 」

弁護士が伝言を頼まれるのは、弁護士は依頼人との権利・義務にしばられ、当局に伝言の内容を明かせないからだ。

ラガノ

「ケネディ暗殺のニュースがテレビで流れると、数分後に
 ホッファが電話をかけてきて、『良いニュースを聞いたか?』
 と尋ねてきた。

 その夜遅くには、ホテルのバーでトラフィカンテと会い、
 ケネディの死を祝って乾杯した。」

CIAがマフィアと関係を持っているのは、誰でも知っている。

第二次世界大戦中には、情報コミュニティはイタリア侵攻のために、マフィアのボス(ラッキー・ルチアーノ)に頼った。

CIAは、マフィアを使ってキューバのカストロを暗殺しようともした。

フーバー長官が率いるFBIは、ケネディ暗殺の犯人を熱心には捜さなかった。

フーバーは、1950~60年代を通じて「アメリカではマフィアは活動していない」と言い続けた人物だ。

ケネディは、「CIAを解体したい」と表明していた。

そのため、CIA内にはケネディを殺そうと考えた者がいたのだ。

(2014年12月25日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る