南北戦争後の、社会変化の要約

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

南北戦争後は、『再建の時代』に入り、西部開発と産業振興が中心となります。

この時代の特徴を挙げると、以下になります。

①  グレイト・プレインズから山岳地帯への「最後のフロンティア」
   が、征服された。

②  大陸横断鉄道が建設されて、先住民が追い立てられた。
   鉄道の技術革新が進んだ。

③  発明による新技術で、工業が発達した。

④  世界一の農業国でありつつ、新たに世界一の工業国となった。

⑤  企業は巨大化し、株式会社方式の採用で、さらに促進された。

⑥  投資銀行家が台頭し、経営参加して競争を少なくし、
   秩序をもたらした。

⑦  ⑥による事業の独占を防ぐため、反トラスト法ができた。

⑧  都市化も急速に進み、大実業家たちは金を出す事で都市文化の
   発展に寄与した。

⑨  労働力は海外からの移民で調達され、移民たちはそれぞれの
   コミュニティを作り、下層階級を形成した。

⑩  政治家は、貧しい移民たちの面倒を見るかわりに、
   彼らを政党組織に取り込んだ。

⑪  政治では二大政党が強く、政策が両党共に似ていて、
   個性が乏しかった。

⑫  1890年代から黒人排除の動きが強くなり、
   特に南部がそうだった。

⑬  1860~1900年の40年間に、工業生産は19億ドル
   から110億ドルに増えた。

⑭  高関税によって国内生産を守った。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後~1900年まで 目次に戻る