アメリカ史
南北戦争後 ~ 1900年まで

民主党のアンドルー・ジョンソンが大統領となる  共和党によって憲法が修正されて、黒人の権利が保障される

      KKKが結成されて、黒人虐待の活動をする

南部の白人は、黒人が獲得した権利を奪っていく 人種隔離のルール「ジム・クロー法」

       南北戦争後の、社会変化の要約

      西部の開拓① 鉱山の開発と新州の制定

    西部の開拓② 牧畜業者が進出し、牛の放牧を行う

    西部の開拓③ 農民が入植をして、草原を農地にしていく

西部の開拓④ インディアンの土地を奪ったため、戦争になる 白人は数々の虐殺・虐待を行う

 ドーズ法  インディアンから土地を奪い、白人に同化させる法律

       フロンティアの消滅とフロンティア学説

       鉄道の発達

       石油業の発達とロックフェラー

       技術革新、鉄鋼王カーネギー

       トラストによる独占と、反トラスト法

       投資銀行の台頭とJ・P・モルガン

     ギルデッド・エイジ(金メッキの時代)と社会進化論

       ギルデッド・エイジへの批判

       人口の急増と都市の発展

       独身女性の増加と離婚率の上昇

       新移民たち

       移民制限法の誕生

       南北戦争後の選挙戦の傾向

       政治・行政の大約

       ボスとマシーンによる選挙支配

       官吏の任用制度の改革

     クリーブランド大統領の当選と、関税の引き下げ

       1890年までの外交

     70年代の不況と、労働者運動・AFLのスタート

       南北戦争後の農業と、鉄道運賃の規制

   1890年代のまとめ (人民党・96年の大統領選・外交)

      米西戦争① 勝利による領土の拡大

      米西戦争② キューバとフィリピンの植民地化

        ハワイの併合

      海軍力を強化し、世界第3位の海軍力になる


アメリカ史 トップページに戻る