信念を変えるには、魂と繋がることが大切で、
心の場に入らなければならない

 神

あなた方は、「他人が恐怖の原因だ」と考えているが、実は『あなた方の信念が恐怖の原因』なのだよ。

だから、平和な世界を実現するには、信念を変えなければいけない。

人間にとっての最大の欲求は平和だが、現在の信念では安らかには(平和には)なれない。

「安らか」というのは、行為ではない。
「安らか」というのは、『在り方』だ。

そして在り方とは、魂と精神の表現だ。

ニール  詳しい説明をお願いします。

 神

「在り方」とは、魂と精神の表現だ。
「行動」とは、身体の表現だ。

身体の経験はすべて、魂または精神から生じる。

あなたが魂を選べば(自分の魂の感覚を優先すれば)、身体はそれを表現する。

魂は、「喜び・愛・生命の神秘の存在」であり、魂に触れれば喜び・愛・生命の神秘を感じられる。

魂を感じるには、精神から離れなければならない。

頭(精神)から出て、『心』に入らなければならない。

心は、精神と魂のかけ橋だ。

だから、まず『心の場』に入りなさい。
そこからは、魂まですぐに跳べる。

魂と繋がった時に、あなたは神と1つになる。

もし精神に留まるならば、精神の構造に影響を受ける。
精神が落ち込んだり弱ったりすれば、その影響を受けてしまう。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る