どんな教えも、その時代の社会に当てはめる事で役立つ
社会構造を創り変えなさい

ニール

「自分の信念(信じている宗教)は、もはや役に立たない」なんて、夢にも思っていない人が大勢います。

それどころか、「むしろ昔の宗教に戻る必要がある」と言う人すらいます。

 神

そうだね。

昔の教えに戻ろうと主張するグループは、「ファンダメンタリスト(原理主義者)」と呼ばれる。

彼らは、「前に進むためには、後戻りすべきだ」と信じ、「聖書の言葉どおりに行動しろ」と言う。

ニール  彼らは、正しいのですか?

 神

難しいのは、聖書は「解釈しなければならない」という事だ。

つまり、解釈者が意味を決めるし、その瞬間に「神の言葉」は「解釈者の言葉」になる。

この問題があるから、宗教によっては「聖典には決して誤りはない」とか「指導者(解釈者)は絶対だ」とする。

ニール
ローマ・カトリックの法王や、イスラム教の指導者は、「絶対に間違いをしない」とされています。

でも、絶対に間違わない人間なんて居ないし、第一に不遜な考えですよ。

宗教の礎石である謙遜とは、矛盾します。

 神   その通りだね。

ニール

「聖書の言葉に忠実に従うことが、唯一の道だ」と主張する人には、あなたならどう言いますか?

 神

私ならば、「その言葉は、今とは違う時代、今とは違う環境で書かれたものだ。その事に気づきなさい」と言う。

どんな教えも、移り変わり続ける社会に当てはめる事で、さらに役に立つ。

ニール

言い換えれば、「常に新しい解釈の可能性を開いておきなさい」という事ですね。

 神

一番大切なのは、『あなた自身を信じて、心と魂の導きに従うこと』と、『あなたの見方を、他人に押し付けないこと』だ。

ニール

もっと具体的にお訊ねしてもいいですか。

アフガニスタンのタリバンのような原理主義者は、どうして「女性は、全身を隠さなければならない」「男性は、一定の長さの髭を生やさなければならない」などと言うのでしょうか?

 神

コーランやハディース(イスラム教の重要な書物)に、そのように解釈できる言葉があるんだよ。

ニール  でも、ひどい抑圧ですよ。

 神

抑圧的な社会の命令や制約は、神の意志に基づいたものではなく、指導者が「これが神の掟だ」と主張するものに基づいている。

それらの掟は、「人々に自由を与えれば、自分の言う事を聞かなくなる」という指導者の不安に基づいている。

ニール

ですが、神の掟が自分には分かるなんて、主張できるものでしょうか?

 神

抑圧的な社会の指導者は、そう主張するよ!

そうした指導者は、恐怖を利用するし、情報を制限する。

しかし、あなた方がそういう社会を創っても、意外ではない。

なぜならあなた方は、神はそういうものだと想像しているから。

あなた方は、「神は罰を与える(恐怖を利用する)」と考えているし、「神は人間を不完全に創った(情報を制限した)」と考えている。

神がそうするのだったら、神の名において人間がするのも自然ではないか?

この論理の悪循環に、あなた方は嵌りこんでいる。

ニール  どうすれば上手くいくのですか?

 神

まず、「今のやり方では、上手くいかない」と認める事だ。

あなた方が創り出した社会構造は、どれももう役には立たない。

ニール  今までの文明を、みんな捨ててしまうのですか?

 神

あなた方が創り出したのは、断じて文明ではない。

だが私は、「みんな捨ててしまえ」とは言っていない。

「処分しなさい」と言うのは、一部の信念の事だ。

今の社会構造を破壊するのではなく、付け加え、変更し、改善しなさい。

ニール  宗教もですか?

 神

特に宗教を。

あなた方が真の平和を選ぶなら、社会をあらゆるレベルで創り直さなければならない。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る