あなた方は神である
自己の定義を拡げなさい

ニール

あなたは、「神は、何も命令しないし、強制もしない」と言います。

でも、神の命令が無いと、何かをする理由が見つかりません。

 神

あなた方は、自分が最善と思う行動をするためには、神の命令が(強制が)必要なのか?

ニール  いやいや、そうじゃないんです。

     「何が最善か」は、神が決めるんですよ。
     「何が最善か」を決めるのは、難しいんです。

 神

それは、簡単なはずだ。

何をしようと思うか、どんな体験を欲しているか、を考えればいいだけだ。

ニール

でも、私たちのほとんどは、明日を思わず、まして来年の事など考えません。

 神   どうして、そんなに近視眼的なのだろうね?

ニール  私たちは、利己的だからです。

     自分の事だけを考えるのが、習慣になっています。

 神

それならば、解決策は明白だ。

「自分」についての定義を、拡げなさい。

問題は、あなた方が自己中心的なことではなく、中心となる「自己の定義」が小さすぎることだ。

あなた方は、本当の自分よりも、自分を小さく考えている。
だから、困難にぶつかるのだ。

ほとんどの組織的な宗教の困った点は、あなた方に「小さな自己(限定された自己)」を教えてきた事だ。

ニール

でも、キリスト教では「あなたは兄弟の守り手だ」と教えるし、イスラム教では「コミュニティが一番大切だ」と教えています。

 神

だがそのコミュニティは、「その教えの信者だけ」で構成されている。

他の人々は、コミュニティの一員ではない。

だから、1つになる代わりに、分断が起こる。

ニール  でも、私たちは皆が違った存在です。
     私たちは、ばらばらですよ。

 神

違いがある事と、分断している事は、別の事だ。

あなた方は、本当は神と一体だし、それぞれも一体なのだ。

ニール

そんなはずはありません。

神は善で、私たちは悪・罪人だ。

私たちは、神の前では卑下して、自分は無に等しい事を思い出すべきなんです。

 神

それが、誤解だというのだよ。

私は多くのメッセンジャーを通して啓示を与えてきたが、「自分を卑下しなさい」と言った事はない。

私は常に、「自分を高めなさい」と言ってきた。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る