地球人は、新しい考え方を拒否する習性により、
進化が遅れてきた

ニール

あなたは、「昔よりも情報があるのだから、信念を拡げればいい。
そうやって、新しいやり方で前進すればいい」と言います。

しかし、神については、新しい情報なんてありませんよ。

 神  この本がある。

ニール

あなたは、この本が聖書やコーランやバガヴァッド・ギーターと並ぶものだと、おっしゃるのですか?

 神

それなら訊くが、いま挙げた本は、聖なる啓示に導かれて「人間が書いたもの」ではなかったかね?

ニール

その人達は、特別の人間ですよ。
深い理解やインスピレーションを持っていた人達です。

 神

あなただって、深い理解やインスピレーションを持つ事ができる。

いいかね。『すべての人間が、聖なるインスピレーションを得られるように生まれついている』のだよ。

あなた方は、皆が特別だ。

ただ、それを知らないし、信じていない。

ニール

どうして私たちは、知らないし信じていないのでしょうか?

 神

組織的宗教が、「あなたは特別ではない」と教えてきたからだ。

あなた方は、「お前は罪人で価値がない」「神のインスピレーションを得られるのは、ごく少数の者だけだし、みな故人なのだ」と教わってきた。

ニール  どうして、そんな事になるのでしょうか?

 神

そうしないと、新しいマスターや預言者が現れて、あなた方に新しい啓示をもたらし、新しい理解が生まれてしまうからだ。

そんな事は、すでに地位を得ている組織的な宗教には我慢がならないのだよ。

だから、あなた方の宗教では、「神の直接の啓示は、遠い昔に終わった」という事では一致している。

あなた方は、「古い書物にだけ、聖なる啓示が記されている。現代に生きる(新しい)人間には、聖なる啓示はもたらされない。」と信じている。

地球人の進化に時間がかかるのは、このおかしな思い込みのせいなのだよ。

皮肉な事に、あなた方の思い込みは、人間に関しては逆になる。
人間については、「若い方が(新しい方が)価値がある。年寄りには価値が無い。」と思っている。

1800年代末のヘルマン・キュンメルという医師は、「手術の前には、手を洗った方がいい」と主張して、大変な目に遭った。

キュンメルは笑い者にされて、医学界から追放されてしまった。

こうした、新しい考え方を拒否するあなた方の習性が、進化を遅らせてきたのだよ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る