ひどい事をする人は、信念に問題を抱えている
攻撃者は皆、防衛をしていると考えている

ニール

あなたは、「新しい信念、新しい生き方に、進みなさい」と言います。

でも、今までの信念にどっぷりと嵌まり込んでいる人も居ます。

そういう人達を目覚めさせるには、どうすればいいのですか?

 神

「どうしてそう感じるかを、理解できます。あなた方の信念は分かります」と言ってあげなさい。

そして、「お互いに学べる事がないかを、話し合いたい」と言ってあげればいい。

ニール

でも、相手がこちらを傷つけていたら、どうすればいいのですか?

 神
話し合いをすれば、ひどい事をしている人に、つかの間であれそれを止めさせられるよ。

人間はもともと、ひどい事をするようには出来ていない。

人間の基本的な性質は、『愛』だ。

ひどい事をするのは、その人の信念のせいだ。

だから、こう尋ねてごらん。

「私を傷つけなければ自分が癒されないと感じるなんて、いったい何にそれほど傷ついているのですか?」

ニール  それは、きつい追及ですね。

 神

すばらしい問いかけだよ。
マイナスのエネルギーを消す効果がある。

だが、問いかけたならば、その答えに耳を貸さなくてはいけない。

無視したり、ばかにしたり、切り捨ててはいけない。

誰かがあなたと争っている時は、『相手は、あなたの関心を求めている』という事を理解しておくといい。

あなたが耳を貸し、相手を助けてやれば、相手だって「危険は嫌だから、戦わないでおこう」と思うはずだ。

ニール

でも、その人達は、なぜ戦い(攻撃)を始めるのですか?

自分だって危険だと、分からないのでしょうか?

 神

そういう人達は、「自分たちには、すでに危険な事が起こっている」、あるいは「危険が起こりかけている」と、考えているのだ。

そして、危険を止めようとして、戦いを始める。

国家でも個人でも、攻撃をする時には、自分を攻撃者だとは考えていない。

みんな、「自分は防衛をしている」と考えている。

だからこそ、「私を傷つけなければ自分が癒されないと感じるなんて、いったい何にそれほど傷ついているのですか?」という問いかけは、非常に有効なのだ。

戦争を仕掛ける国や集団は、「~を守るためだ」と言う。

わかるかな? この事実は、よく見つめる必要がある。

戦争には、「攻撃側」はなく、「防衛側」があるだけだ。

おかしな話だが、すべての攻撃を防衛だと呼べば、そうなる。

攻撃する者は、「これは防衛だ」と言う。
そう言えば、自分を正しいように見せかけられるからだ。

「他に方法はない。

 欲しいものを手に入れるためには、相手を殺しても仕方が
 ないのだ。

 なぜなら、これは自分を守るためだからだ。」

戦争を仕掛ける者はすべて、こう考えているよ。

戦争だけでなく、人生のすべての争いに、これは当てはまる。

誰も攻撃しているとは思っておらず、防衛していると考えている。

あなたに対する相手の攻撃に、この論法を当てはめれば、相手の気持ちが分かり、奇跡が起こるだろう。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る