本人の世界観に照らせば、誰も不適切な事はしていない

ニール

あなたは、「攻撃をしてくる者に対しては、『私を傷つけなければ自分が癒されないと感じるなんて、いったい何にそれほど傷ついているのですか?』と問いかけなさい」と言います。

しかし、その人達の見方が歪んでいるのに、耳を傾けなければならないのですか?

 神

癒し手であるためには、『本人の世界観に照らせば、誰も不適切な事はしていない』という事を、理解しなくてはいけない。

ニール

それでは、すべての人の見方を、正しいものとして受け入れなくてはならないのですか?

 神

そうではない。

「当人は正しいと思っている」という事を、理解しなくはいけない。そういう意味だよ。

これを理解すれば、あなたは次の言葉を口にする事ができる。

「どうしてあなたがそう感じるか、理解できますよ」

これは、とても力強い言葉だ。
この言葉だけでも、大きな効果がある。

ニール  本当に、そんな力があるのですか?

 神

ある。
なぜなら、こう言うのと同じだからだ。

「あなたは、一人ではありません。
 あなたは狂っているのではない。

 あなたのような信念や体験があれば、他の人も同じ結論を
 出すかもしれません。」

問題にぶつかった人にとって一番つらいのは、問題そのものではなく、「誰も理解してくれない」と思う事だ。

誰も理解してくれなければ、解決策が見つかる可能性も少なくなる。
だから、つらいのだ。

「理解してもらえない」という気持ちは、絶望につながる。

反対に、「誰かが理解してくれる」と感じれば、絶望の淵から戻ってきて、話し合いに進める。

ニール

でも、戦争を仕掛けられたり、爆撃されたりした時に、「あなたがそんな風に感じるのは、理解できます」とは、なかなか言えませんよ。

 神

そう言えないなら、せめて聞いてごらん。

「私を傷つけなければ自分が癒されないと感じるなんて、いったい何にそれほど傷ついているのですか?」と。

『すべての攻撃は、攻撃者にとっては防御なのだ』

これを理解する事が、すべての癒しの基本だ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る