若者の犯罪は、大人たちの誤った信念から生まれる

ニール

あなたは、「行動ではなく、信念を変えなさい」と言います。

でも、私たちの社会は「行動志向」なんです。

 神

信念を変えない限り、行動は変えられない。

信念を変える方法は、2つある。

信念を拡大するか、完全に変えてしまうか、どちらかだ。

あなた方が何度も同じ過ちを繰り返すのは、信念を(特に神と生命/人生に関する信念を)変えないからだ。

すべての学校や文化が、色々なかたちで信念を教えている。

信念を「事実」と見せかける事も多いが、やはり信念なのだよ。

学校によっては(特に宗教系の学校では)、子供たちが特定の教義や見方を通して生きるように教えて、とんでもなく間違った信念を植えつける。

あなた方は、子供たちに「不寛容な神を信じろ」と教えて、それによって自分達の不寛容な行動を赦すように仕向ける。

あなた方は、子供たちに「復讐に燃える神を信じろ」と教えて、それによって自分達の復讐を赦すように仕向ける。

あなた方は、「自分たちが作り出した悪魔」との戦いに、子供たちを送り出す。

過激な運動(行動)に圧倒的に多いのが「若い戦士たち」だというのは、偶然ではない。

ニール  では、若者の信念を変えなければなりませんね。

 神

その通りだ。

だがそのためには、若者に教える人々の信念を変えなければならない。

つまりは、あなた方(大人)のすべてだ。

若者は、常にあなた方をお手本として観察し、あなた方のような人生を送ろうとする。

あなた方は、そこを理解しなければいけない。
あなた方の人生すべてが、教えなのだ。

あなた方の行いについて、「子供たちは見ていないだろう」と甘い期待を抱くのかな?

若者は、大人を細かく観察する。何も見逃さない。

あなた方が秘かに考えている事さえ、若者はほとんど知っている。

あなた方が知らないだろうと思っている事まで、知っているよ。

ニール

それでは、子供たちの信念を変えようと思ったら、その前に自分の信念を変えなければいけないのですね。

 神  そうだ。

ニール

子供たちが犯罪に走るのは、大人の責任なのですね。

彼らは、自分たちの行動が不適切だと、思いもしなかったんだ。

 神  そうだ。

    自分の世界観に照らして不適切なことは、誰もしない。

ニール

それでは、私たちは世界観を変えなければいけないのですね。

 神  正にその通り。
    私がここで語っているのは、その事だ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る