世界を目覚めさせるには、5%の人々が動き出せば充分である

ニール

あなたは、「今までの古い信念を持ち続ければ、地上の生命は滅亡を迎える」と言います。

もう希望は捨てろ、とおっしゃりたいのですか?

 神   いや、そうではない。
     『目覚めなさい』と言っているのだ。

ニール  私はもう目覚めています。

     でも、目覚めれば希望はあるのですか?

 神

大きな希望があるよ!
息をのむほどの可能性があるのだよ。

だが、そのチャンスを掴まなければいけない。

あなた方は今、「世界を破壊するか、再創造するか」「恐怖を選ぶか、愛を選ぶか」を決めなければならない。

ニール

どうすれば、私たちは新たな世界を創造できるのですか?

 神

また訊くのだね。
それなら、また答えてあげよう。

『 信念のレベルから変化を始めなさい 』

あなた方の問題の根源は、信じている事にある。

あなた方の今までの信念体系は、恐怖・破壊・苦しみ・憎悪・戦争を生み出してきた。

ニール  希望がないではありませんか…。

 神

そうではない。

なぜなら、「古い信念は、もう役に立たない」と思う人達が、増えているからだ。

その数は、急激に臨界量に達しようとしている。

ここで、知っておいてほしい事がある。

臨界量は、大抵の人が考えているほど多い量ではない。

臨界に達する量は、5%ほどで充分なのだ。

言い換えれば、1つのドミノが倒れれば、残りのドミノは次々に倒れていく。

だから、いま必要なのは、『最初のドミノになる意志を持つ人々』だ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る