フクシマ 最悪の事故の陰に潜む真実
仏独のドキュメンタリー番組 事故の経過と真相が分かる①

ここで紹介するのは、フランスとドイツが共同で制作したTV番組『フクシマ 最悪の事故の陰に潜む真実』です。

外国が作ったからでしょうが、冷静に描いており、深い内容に仕上がっています。

日本では放送されなかったようですが、日本語訳をつけてネット上にアップされています。
すばらしい内容なので、食い入るように見ました。

私のウェブサイトでも、抜粋をして紹介をいたします。

○ 『フクシマ 最悪の事故の陰に潜む真実』

2011年3月11日の14時46分に、東北地方で大地震が起こった。

震源地は、仙台から130km東の太平洋だった。

これは、観測史上で4番目の大地震でした。

日本政府は最初は「マグニチュード8.4」と発表したが、後に「9.0」に訂正されました。

この地震は大きな津波をもたらし、地震から40分後には、津波は150kmに及ぶ広範囲の海岸に襲いかかりました。

海水は国土に流れ込み、海岸から何kmものエリアを呑み込みました。

この地震により、1.9万人が死亡し、10万人が家を失いました。

津波は福島原発も襲い、次々と事故が起きます。

15時42分には、1~3号機の電源が喪失しました。

その数分後には、津波が襲いかかり、非常用の発電機を使うためのオイルタンクが流されました。

福島第一原発は、完全にブラックアウト(全ての電源の喪失)となりました。

アメリカの原子炉エンジニアであるアーノルド・ガンダーセンさん。

彼は、大手電力会社の監査委員会に所属し、原子力規制委員会でも顧問を務めている。

ガンダーセン

「1号機では、『地震で配管が壊れたこと』を示す現象がありました。

 というのも、津波が来る前に、原子炉の冷却が出来なくなっていた
 のです。

 2号機と3号機では、津波が来てからも数時間は冷却ができて
 いました。

 津波は、2つの事を起こしました。

 『非常用のディーゼル発電機の破壊』と、『海岸沿いに設置していた
 ポンプの破壊』です。

 ポンプが破壊されたのですから、発電機が使えたとしても、
 冷却水は取り込めなかったのです。」

福島原発の深刻な状況は、すぐには国民に知らされなかった。

菅首相は、「原発の状況は平常だ。地震後に、原発は自動的に停止された。」と伝えていました。

19時45分には、東京の一部で停電が起きます。

その45分後に、菅首相は非常事態を宣言しました。

その頃には、原発の周辺では、最初の住民避難が始まった。

翌日になっても、政府は原発の状況をほとんど知らせなかった。

1号機の炉心溶融は、11日の夜にはかなり進行していました。

この日の夜に、格納容器の圧力が異常に上昇します。

作業員は圧力を下げるために、手動でベントを試みた。しかし放射線量が高すぎて、中断しました。

空気圧縮機を使って、やっと弁を解放したが、排水システムに漏れがあり、大量の水素ガスが建屋の天井付近に溜まってしまいました。

3月12日の13時36分には、1号機の建屋の外壁部が吹き飛ぶ、大爆発が起きました。

ウィーンに住む物理学者のヴォルフガング・クロンプさんの話

クロンプ

「1号機の大爆発は、水素爆発と言われています。

 水素爆発がどう起きるかというと、金属は高温になると水と反応し、
 水素を発生させます。

 大量の水素が発生すると、今度は酸素と反応して酸化し、
 可燃性の高いガスになるのです。」

3月14日の11時1分には、3号機で大爆発が起きます。

ここでも、炉心溶融が起きていました。

原子力保安院は、「これも水素爆発だと考えられます。格納容器の健全性は保たれていると考えております。」と発表した。

枝野・官房長官も、同じ内容の発表をしました。

クロンプ

「日本は、(地震が多いので)原発の建設にはまったく不適です。

 大地震に耐えられる設計は、あり得ません。

 建屋が吹っ飛んだという事は、上から覗けば原子炉の上側が
 見える状態になっています。

 原子炉や燃料プールが、何の覆いもなく露出したのです。」

3月15日には、4号機で大爆発が起きました。

この爆発で天井が無くなり、燃料プールが露出しました。

ガンダーセン

「1~3号機は、津波が来た時に稼動していました。

 4号機は稼動していませんでしたが、安全ではありません。

 実際には、4号機が一番危険です。

 なぜなら、燃料棒が原子炉から取り出されて、
 プールに入れられているからです。

 つまり燃料棒が格納容器の外にあるのです。保護するものが
 ないのです。

 地震と津波により、プールの水はかなりこぼれました。

 それに加えて、電源喪失により冷却ができません。

 そのため、燃料棒の高熱により、プールの水はすぐに蒸発した
 はずです。

 プールでは、とうとう燃料棒の先端が露出してしまいました。
 それは、画像で確認できます。

 そして、1~3号機と同じに水素がどんどん発生して、
 4号機の建屋が吹っ飛んだのです。」

自衛隊は、空からヘリコプターで注水を行いました。

これは、原子炉の冷却が目的ではなく、プールに水を入れるためでした。

ガンダーセン
「ヘリコプターは、なるべく下降してプールに水を入れようとした
 のですが、断念せざるを得ませんでした。 」

東電と原子力保安院は、4号機の爆発については、まずは知らないふりをしました。

しかしアメリカの原子力安全委員会は、3月17日の時点で最大の警告をしていました。

「プール内の燃料棒が露出したため、水素爆発が起きたと考えざるを
 得ない」と。

ガンダーセン

「4号機の爆発後の映像は、次の事を示しています。

 蒸発と爆発により水量は減り、床は落下しました。

 核燃料棒を移動させるためのクレーンは、壊れています。
 そしてそれは、プールに入り込んでいます。」

東電は、プールに上から水を入れるしかありませんでした。

4号機からは作業員が撤退し、50人だけが残ります。
これが、外国のジャーナリストから「フクシマ・フィフティ」と呼ばれるようになる勇敢な50人です。

東電は11月になって、ようやく4号機で爆発があった事を認めました。

しかし、燃料棒から水素が出て爆発に至ったことは、認めなかった。

それを認めると、燃料棒をしっかり冷却できなかった事を認めることになるからです。

東電は、「4号機の水素爆発は、3号機と共通の排気筒を通じて、3号機から流れた水素が起こした」と説明しています。

ロバート・アルヴァレス

「私は、東電の説明を信じていません。

 3号機の爆発から4号機の爆発まで、20時間も経っている事の
 説明がつかないからです。

 私の知っている原子力エンジニアは、こう解釈しています。

 まず地震でプールに亀裂が入り、水が流出してしまった。

 それで核燃料の被膜になっているジルコニウムが高温になり、
 自然に発火してしまったのです。

 その時に水素も発生して爆発が起きた。 」

ガンダーセン

「4号機の燃料棒は、いつ引火して火災を起こしてもおかしくない
 状態でした。

 もし火災になれば、付近の20万人超が死亡する事も想定できました。

 だからアメリカ政府は、半径100km圏内の住民に避難勧告を
 出したのです。」

東京から消防隊が送り込まれたのは、事故から1週間後です。

隊員たちは、(電気がないので)暗闇の中で計画を練りました。

どこもかしこも瓦礫ばかりで、大きい車両は海にたどり着けなかった。

消防隊の隊長

「黄泉の国かと思いました。あそこでは何の音もなく、怖かったです。」

隊員の話

「人力で200kgのポンプを海まで運びました」

エメリッヒ・ザイデルベルガー

「あれは、必死の試みでしたね。

 貯水がないので海水を使ったわけですが、海水の塩分は固まりに
 なってこびり付きます。

 その後に、真水で塩の塊を洗い出しましたが、それにより今度は
 大量の汚染水が海に流出しました。」

昼夜ひっきりなしに、1~4号機に放水が行われました。

汚染水は、どんどん溜まっていきました。

海江田・経産相は、放射線量が高いので放水活動を中断する消防隊に対し、「放水を中断すれば処分する」と脅しました。

その後に、2号機で2度の爆発が起きます。

これにより、配管と外側の立て杭に亀裂が生じ、そこから汚染水が漏れ出ました。

(2号機が爆発した、というのは初耳ですが、ネットで検索したところ、そういう説もあるようです)

亀裂をコンクリートで固めようとしたが失敗し、紙やおがくずなどで試みた後に、水ガラスの使用でどうにか亀裂を塞ぐことが出来た。

東電は汚染水を処理しきれなくなり、日本政府は『汚染水を海に放出すること』を決定しました。

そして1万トンの高濃度の汚染水が、海に放出されました。

ロバート・アルヴァレス

「放出された汚染水により、かなり離れた場所でも高い放射能が
 検出されています」

このような状況の中、菅首相は7月にこう発表しました。

「事故を収束するための第1ステップが、見事に終了しました。

 循環注水の冷却システムが出来上がり、ステップ2に向けて努
 力していきます。

 冷温停止が実現するのは、2012年の初めと考えています。」

しかしこの発表は、事故の現実とは乖離していました。

クリストファー・バスビーは、フクシマ近くの汚染レベルを調査しています。

彼は、日本から自動車のエアーフィルターを取り寄せました。
フィルターを調べて、アルファ粒子を調べるのです。

バスビー
 「日本の人々は、この粒子を吸い込みます。

  環境にはウランやプルトニウムも大量に放出されています。」

2011年7月になると、牛のえさや緑茶やコメから、放射性物質が検出されニュースとなりました。

そうした中、バスビーは分析結果を持って東京を訪れます。

分析では、フィルターからセシウム134と137が検出されていました。

バスビー

「福島から離れている千葉などで、予想以上のセシウムが検出
 されました。

 ウランやプルトニウムも、かなりの範囲に拡散されたはずです。

 住民たちは、かなりの被曝にさらされています。

 その量は、核実験が世界で相次いでいた1963年頃の大気汚染
 よりも、千葉では300倍も強く、100km圏内では1000倍
 も強いのです。」

バスビーは会津若松でガンマ線量を調べましたが、大量のセシウム134と137を検出しました。

12月には、乳児用の粉ミルクからセシウムが検出され、回収されました。

バスビー

「事故の当初は、水素爆発だけだと言われていました。

 しかし、そうではなかったはずです。

 3号機の爆発は、垂直に上に抜け出た爆発でした。

 ただの水素爆発ならば、あんなに事故現場から離れた場所で、
 大量の放射性物質が検出されるはずがありません。」

2011年12月には、雑誌ネイチャーで、『プルトニウムが福島原発から45kmも離れた地点で見つかった』と報告されました。

「これだけの量のプルトニウム238は、原発事故からの放出以外には考えられない」とも述べられています。

山口幸夫さんは、原子力資料情報室の代表を務めています。

山口 
「3号機では、ウランとプルトニウムを混ぜて作るMOX燃料が
 使われていました。

 核爆発だった可能性があります。」

アーノルド・ガンダーセン

「3号機の爆発は、他の爆発とは異なります。

 3号機の爆発の瞬間には、鋭い閃光がありました。

 これは、『即発臨界』の始まりを示しています。

 炎が出たのは建物の右部分(南側)ですが、そこには燃料プール
 があります。

 ですから私は、『燃料プールが爆発の原因だった』と考えます。

 爆発で飛んだ物質の中には、核燃料もありました。

 幸いな事に、そのほとんどは海方向に流れ飛びました。

 即発臨界は、核分裂の連鎖反応であり、すべての水が蒸発し、
 原子炉も溶けました。

 燃料プールからは燃料が上空に吹き飛び、広いエリアに降り注いだ
 のです。」

(※3号機の燃料プールについては、現在(2014年4月)でも、
 東電は『状況は把握できていない』と言っています。

 これだけ時間が経ったら、いくら何でも多少は分かるはずです。

 あきらかにおかしい説明であり、『何かあるぞ』と私は考えて
 きました。

 ほぼ間違いなく、ガンダーセンさんの言う通りに、燃料プールで
 核爆発があったのでしょう。

 東電が3号機のプールについて全く言及しない事が、
 それを裏付けていると思います。)

アメリカの原子力規制委員会は、早々に「3号機のは水素爆発ではなく、劇的なものであった」と報告していました。

2011年3月25日の分析報告では、臨界爆発があった事を示唆しています。

ガンダーセン

「事故の直後から、アレバ社やGE社やウェスティングハウス社
 (これらは有名な原発メーカーです)は、3号機の臨界爆発を
 公にしないようにと、圧力をかけました。

 これらの会社に繋がりのある主要メディアたちは、
 事故を過小に伝える事を徹底しました。」

フランスのアレバ社は、世界最大の核産業企業であり、悪評の高いMOX燃料の納品会社です。

3号機で使用されていたMOX燃料も、アレバ社のものです。

(日本では、MOX燃料がアレバ社に委託されて作られるとは、
 ぜんぜん報道していません。私は初耳でした。)

福島原発の事故から4ヶ月後には、15歳までの1080人を対象に甲状腺スクリーニングが行われました。

その結果は、「ほぼ半数が、放射性ヨウ素による被曝をしている」でした。

日本政府は秋から、福島の18歳までの36万人を対象に、ガンの定期検査の実施を決めた。

(長文になったので、2つに分ける事にします。
 後半はこちらです。)

(2014年4月15~17日)


原発は要らない 目次に戻る