「モンク・ウィズ・コルトレーン」おまけ
「Ruby,My Dear」のコード進行

おまけとして、「Ruby,My Dear」のコード進行を紹介いたします。

この曲は、かなりコード進行が凝っています。
耳コピーするのに、かなり時間がかかりました。
おそらく合っていると思いますが、1~2くらいのコードは間違っているかもしれません。

なお、この曲はコードの動きが激しいので、2小節で1行にします。

「Ruby,My Dear」  キーはE  形式はAABA'

イントロ

ここは、テンポ・ルバートです。
小節数はよく分かりません。とりあえず2小節で書きます。

|E7on E7on  E7(9)    |B7(13) B7(♭9) B7(♭9)  |

 A

|Fm7(9)   B(13)    |EM7  D D E Fm7 Fm7|

|Gm7(9)    C7(13)    |FM7  Gm7  Am7  Am7 |

|Bm7(9)   E7     |AM7   Bm7 Bm7 Cm7  Cm7(11)|

|B7sus4     A7on     |B7sus4     B(♭13)   |

 A

|Fm7(9)    B(13)    |EM7  D D E Fm7 Fm7|

|Gm7(9)    C7(13)    |FM7  Gm7  Am7  Am7  |

|Bm7(9)   E7     |AM7   Bm7 Bm7 Cm7  Cm7(11)|

|B7sus4    A7on     |B7sus4     B(♯11)    |

 B

|AM7      AM7(13)     |Bm7      B7on     |
                           (E7(♭9)

|A(13)                |B(13)Bdim(13) Bdim(13) |

|Cm7                 |Cm7       Dm7       |
(Cm   Cmon Cmon   )

|Em7               |A(9 13)   B(♭13)   |

 A'

|Fm7(9)   B(13)    |EM7   D D E Fm7 Fm7|

|Gm7(9)   C7(13)    |FM7  Gm7  Am7  Am7  |

|Bm7(9)   E7     |AM7   Bm7 Bm7 Cm7  Cm7(11)|

|B7sus4    E7(9)     |B7(13)B7(♭9) B7(♭9)    |

 エンディング (A'の7小節目から) (E7(9)でリズム隊がストップします)

|B7sus4     E7(9)     |B7(13) B7(♭9) B7(♭9)   |

|E7               |A7(♭13)    D7(♯9)     |

|DM7(9)             |

○ コード進行の解説

この曲は、ガンガン転調します。それが大きなポイントの1つです。

基本的に、1~2小節目はEキー、3~4小節目はFキー、5~7小節目はAキー、8小節目はEキーです。

2、4、6小節目は、コードが上昇していきますが、これはⅢmに行く動きです。
ⅠMからⅢmへと上昇しているのです。

(ここで見られるⅠM→Ⅱm7→Ⅲm7という動きは、ダイアトニック進行といい、
 ポピュラー・ミュージックでよく使われます。
 それにⅢm7を追加する事で、ジャズっぽいとんがった進行になってます。)

2小節目だけは、Ⅶにいったん降りて、そこからⅢmまで上昇していきます。

上昇しきって3小節目でGm7にいきますが、その時にはFキーに転調して、FキーのⅡm7になっています。

このコードが上昇する部分が、この曲のかっこいい所です。
ここは、さぼらずにきちんと全てのコードを入れましょう。

16小節目は、8小節目とコード進行は一緒ですが、今度はAに行くためのB7→B7の動き(Ⅱ7-Ⅱ7の動き)であり、コードの機能としては異なります。

Bに入ると、Aキーになります。

2小節目の(E7(♭9))は、アドリブに入ったらこっちでバッキングした方がいいよ、という意味で書いています。

Bの4小節目の B7ーBdim は、CmキーのⅣmーⅤ7の代理コードです。

Cmキーに転調するためのⅡ-Ⅴ進行の1種です。

Bの5小節目で、Cmキーに転調します。

5小節目のカッコ内の動きは、マイナー・コードでよく使われるクリシェ進行で、ベースノートが半音で下降するものです。
モンクが使っているので、書いておきました。

そしてDm7を経過コードにして、Em7に行きます。

7~8小節目のEm7ーA7の部分は、DキーのⅡ-Ⅴと考えていいでしょう。

そして、Bの最後の小節にB7(EキーのⅤ7)を入れて、強引に元のEキーに戻ります。

A'は、Aとほとんど同じですが、最後の2小節の部分が違っています。

(2013年12月25日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る