思い出すこと⑤
死は悲劇ではない 死は贈り物である

 神  すべては視点に左右される。
    視点が認識を創る。

ニール

「どういう見方をするかで、何が見えるかが決まる」、という事ですね?

 神

その通り。

自分を被害者として見れば、被害者の自分が見える。

人生のすべてを贈り物として見れば、すべてが贈り物に見える。

そこで、思い出すことの5番目は、これだ。

『 死は悲劇ではない、死は贈り物である 』

ニール

死さえもが贈り物ならば… 悲しむ事なんて何もないですね。

 神

何も悲しむ事はない。

挫折や喪失を怖がっていれば、生きる事を恐れることになる。

ニール  どうして私たちは、死ぬ事を恐れているのでしょう?

 神

それは、死について教えられてきた事のためだ。

死について新しい見方ができれば、死は偉大な贈り物になるだろう。

「死は自らが選ぶこと」をしっかりと理解できれば、新しい見方をするための大きな助けになる。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る