思い出すこと⑦ 死は存在しない
思い出すこと⑧ 究極の現実は変えられないが、
それをどう経験するかは変えられる

 神

思い出すことの7番目は、これだ。

『 死は存在しない 』

ここで、念のために繰り返しておこう。

「あなたの視点が、あなたの現実を創り出す」

ニール

すると、「死後には何もない」と思っていれば、そうなるのですか?

 神

『死は存在しない』という「究極の現実」は、変えられない。

しかし、あなたの経験する事は変えられる。

神なしで生きる事も死ぬ事も不可能だが、そうだと思う事は可能だ。

あなたが、「人間は、神なしで生きて死ぬ」と信じていれば、その通りの経験をする。

そして、どんな経験も、自分が選べばいつでも変えられる。

そこで、思い出すことの8番目だ。

『 究極の現実は変えられないが、それをどう経験するかは
  変えられる 』

ニール  それは、どういう事ですか?

 神

あなたは、歩いている時に、にわか雨に降られたことがあるだろう?

その時に、そのにわか雨を「間が悪い」と思ったか?
それとも「気持ちがいい」と思ったかな?

ニール

どちらもあります。

仕事中だった時は「間が悪い」と思ったし、デート中だった時は彼女と共に「気持ちがいい」とはしゃぎました。

 神   そこで質問だ。

     2つの雨には、何か違いがあったかね?

ニール  いや、同じでした。どちらも、夏のにわか雨でした。

 神   それでは、2つの体験では何が違っていたと思う?

ニール  私の視点です。

 神

そうだ。

あなたは仕事中の時でも、「少し位は濡れても問題ない」とか「気持ちいい」と思う事もできた。

そういう見方も出来たのだ。

にわか雨を、『究極の現実』だと考えてごらん。

あなたは「雨が降る」という現実は変えられないが、見方によって「雨に降られた自分の体験」は変えられる。

これが、生命/人生の最大の秘密だよ。

ニール

しかし、「死は存在しない」というのは、本当なのですか?

 神

たくさんの宗教が、『永遠の生命』を説いているではないか。

ニール  もし、神や永遠の生命を信じていなかったら?

 神

あなたの経験が変わる。
あなたは、信じる事を経験するから。

死の瞬間も、あなたは自分が信じている事を体験する。

あなたの信念の基礎は「あなたの認識」であり、認識の基礎は「あなたの視点」だ。

ニール

すると、新しい見方をすれば、私の認識は変わるのですね。

 神

そうだ。

死後の経験は、その人の見方(視点)によって、全然違うのだよ。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る