神を知って信じれば、神をそこに見る

 神

神は常にそこに存在するが、神を信じなければ、あなたは神を経験しない。

神の存在を経験するには、神が存在する事を知っていなければならない。

一輪の花を見た時に、神がそこに存在する事を知っていれば、そこに神を見るだろう。

そうでなければ、ただの花が見えるだけだ。
それどころか、雑草にしか見えないかもしれない。

誰かの目をのぞいた時に、神がそこに存在する事を知っていれば、そこに神を見るだろう。

そうでなければ、ただの人間が見えるだけだ。

鏡に映る自分の目をのぞいた時に、神がそこに存在する事を知っていれば、そこに神を見るだろう。

そうでなければ、1人の人間が見えるだけだ。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る