『存在する唯一の瞬間(時空の連続体)』をリンゴに見立てて、
魂の旅を解説する④
魂の旅についてのまとめ

 神

あなた方は、物理的な人生を通じて、経験の中で自分を知る。

この仕事が終わったら、あなたは身体から離れて『自分の存在の核心』に入り、自分のアイデンティティの十全性を再確立する。

それから、霊的な領域に入って、知る事を通じて「自分が何者であるか」を十全に知る。

そうして、物理的な世界に再び誕生するために、『自分の存在の核心』に戻る。

そして、再び物理的な世界に生まれて、人生を通じて経験の中で自分を知る。

この循環(プロセス)は、永遠に続く。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る