時空の連続体(アップルオレンジ)には沢山の次元があり、
あなたは好きな方向に進める

ニール

あなたは、「同じ生涯をくり返す事もある」とおっしゃいましたね。

 神

それを理解するには、「万物の宇宙論」とも言える難解なテーマについて探る必要がある。

あなたは、先ほどの例え話に戻れば、リンゴ(物理的な世界)+オレンジ(霊的な領域)の中の原子の1つだ。

そして、リンゴ+オレンジの中を旅している。

ニール

その「リンゴ+オレンジ」を、『アップルオレンジ』と呼んでもいいですね!

 神

それはいい。

それでは、『時空の連続体』の略称として、『アップルオレンジ』を使うことにしよう。

あなたはアップルオレンジの中を、何度も自分が選んだルートで旅をする。

以前に選んだのと同じルートでもいいし、別のルートでもいい。

あなたは、「時間の回廊」を移動していくが、どのルートを進んでもいい。

ニール  どういう事ですか?

 神

あなたは、時間の中で好きな方向に進める。

今回の生涯の時間を、「後ろ向きに移動する(時間を遡る)」ことも出来る。

他の生涯に行くことも出来る。

『時空の連続体』の中には、たくさんの空間的な次元がある。
(この世界は多次元構造になっている)

理論的に知りたければ、現代科学を勉強してごらん。

重要なのは、「すべては見かけ通りとは限らない」「すべての瞬間には、自分が想像する以上の可能性がある」と理解する事だ。

ニール

それほど沢山の選択肢がある中で、何が選択の決め手となるのですか?

 神

あなたが何を経験したいか、だ。

すべてのルートは神(絶対的な気づき)に通じているが、ルートによって経験できる事が違う。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る