外の世界はすべて、思い出して成長するためのきっかけだ

 神

あなたが学ぶべき事は、何もない。
ただ、思い出せばいい。

あなたはすべての事を、生まれた時から知っていたのだ。

それどころか、それを示すために、ここにやって来たのだ。

ニール

あなたのおっしゃる事は、実体験とかけ離れています。

どうして信じられますか?

 神

窓の外にある木を見てごらん。

あの木は4m以上もあるが、小さな苗だった頃以上に何かを知っているわけではない。

今の姿になるために必要だった情報は、すべてが種の中に含まれていた。

成長するためには、細胞の記憶の中に封じ込められていた情報を活用したのだ。

あなただって、あの木と違いはしない。

ニール

それならば、この対話や人生には、どんな意味があるのですか?

 神

木にだって、成長を促す太陽が必要だよ。

すべての生命は、繋がり合っている。
どんな生命も、他の生命と無関係に動いているのではない。

生命は常に、相互作用をしつつ創造をしている。
私たちは、お互いに関連し合って結果を生み出しているのだ。

外の世界から得る情報は、太陽の光のようなものだ。
あなたの中の種を成長させる。

外の世界はすべて、思い出すきっかけだ。

物理的な世界は、あなたが内側で知っている事を、外側で経験する場を与えるためにある。

ニール

それでは、私は周りの世界が今の様であることで、利益を得ているのですね。

 神

そうだ。

私は言っただろう。「出来事を見る時に、非難をしてはいけない」と。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る