自分を創造者として経験すれば、神を経験する
思考・言葉・行為は、あなたとあなたの周辺の振動を変える

ニール

あなたは、神(時空の連続体)をリンゴ(オレンジアップル)で例えました。

私は、「自分はリンゴの外側(神の外側)にいて、リンゴ(神)を味わいたいと思っている」と考えていました。

しかしあなたは、「リンゴ全体が神である。全ての魂はリンゴの一部であり、リンゴの中を移動している。」と教えてくれました。

 神

神は、『存在するすべて』だ。

『存在するすべて』の外側にいるなんて、不可能だよ。

あなたは神の一部であり、神を味わっている。

ニール  でも、どうやって味わっているのですか?

 神

創造者としての自分を経験する事を通じて、だ。

神とは創造者(創造のエネルギー)であり、あなたが自分を創造者として経験すれば、「神性」としての自分を経験する事になる。

科学者は、「生命(宇宙)は、振動している微小な『超ひも』として現れる」と言っている。

その振動の多様性によって、物質の多様性が生まれている。

あなた方は、同じ物質(原子や粒子)で構成されている。

超ひもの振動の違いで、多様な物質が生まれる。

だから、望む物質的な現実を創造するには、「どうやって望む振動を起こさせるか」を考えればいい。

振動速度と振動パターンが、特定の物理的な現実を創造するのだよ。

ニール

その振動の速度(周波数)を変化させているものは、何なのですか?

 神

あなたの思考・言葉・行為だ。

あなたが考えること、語ること、行動すること。
それが、あなたの魂から振動を送り出す。

思考とは、振動だ。測定も出来る。

言葉とは、声帯の振動だ。

行動とは、肉体全体が振動することだ。

これらの振動は、特定のパターンを形づくり、特定の周波数となる。

周波数のゆらぎは生命エネルギーを変化させて、その運動の変化が様々な物質を生み出す。

ニール  それが、生命の錬金術ですね。

 神

そうだ。

あなたの思考・言葉・行為は、世界のエネルギー・パターンを変える事ができる。

あなたの内部や周辺のエネルギー場が変化すると、時空の連続体(存在するすべて)に局所的な変化を生み出す。

ニール

どんな思考・言葉・行為が、一番よい周波数を生み出すのですか?

 神

「前向き」の思考・言葉・行為が、一番よい周波数を生み出す。

瞑想や祈りは、高度なエネルギー変更の手段だ。

好ましいものをヴィジュアルとして思い浮かべるのは、高度なエネルギー操作だ。

良い言葉を語るのは、高度なエネルギー調整だ。

こういう行動は、あなたとあなたの周辺の振動を変える。

時間の体験も、振動の変化に左右される。

意識の変性状態にあれば、時間が止まっているように思う事もあるし、劇的に速くなったと思う事もある。

永遠と思えるほどの深い瞑想に入っていた人が、気づいたら数分しか経っていなかったという事は多い。

その逆に、少しの間の瞑想のつもりが、気づいたら1時間以上も経っていたという事もある。

こうした経験をした人は、「時間は伸び縮みする」と言う。

だが実際には、あなたが「時間という回廊」を、ゆっくりと進んだり速く進んだりしているのだ。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る