あなたは時空のトンネルを進み、
トンネルの壁画(出来事)を見ていく
同じトンネルを通る事は多いが、見る壁画で体験は変わる

ニール

あなたの説明によると、時空を通過する「ルート」は、沢山あるのですね。

 神   そうだ。無数にある。

ニール  私たちは、好きなルートを取れるのですね?

 神

そうだ。好きなルートをたどれる。

実は、同じルートを取ることはとても多い。

ニール

同じルートの場合、かつて経験した事を再び経験するか、そうしないかは、自分の選択で決まるのですね?

 神   その通りだ。

ニール  私はどうやって、ルートを選択するのですか?

 神

「何を見るか、何に関心を向けるか」によってだ。

あなたは、目を向けるものを経験する。

ニール  それについては、以前にうかがいましたね。

     もう少し教えていただけますか。

 神

以前に教えた時に、「トンネルの中に、印が付いていると考えてごらん」と言ったのを覚えているかな?

ニール  ええ。「壁の印は、絵なんだ」とおっしゃいましたね。

 神

よく覚えているじゃないか。

その印を、『壁画』だと考えてごらん。

壁画は、トンネルの壁や天井や床に、ぎっしりと描かれている。

周りのすべてが壁画だ。
想像できたかな?

ニール  はい。

 神

よろしい。

あなたはトンネルを通過していくが、あなたの関心は壁画の中の「ある部分」に注がれる。

あなたは、関心を持った部分に近寄り、そこに焦点を合わせる。

やがてトンネルの先へと進むが、さっき焦点を合わせた部分は覚えている。
それを、あなた方は「自分の過去」と呼ぶ。

次の旅(人生)でも、あなたは前に通った地点を通過する事があるが、今度は壁画の違った部分に焦点を合わせる。

そして、別の絵を見る。

実際には「時間は存在しない」ので、あなたはすべての絵を見る事ができる。

ニール

何か1つを変えれば、その後のすべての絵は変わるのですか?

 神

そうだ。

だからあなたは、同じ道をたどっても別のものを見る。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る