既視感(デジャヴ)についての解説

ニール

私たちが「終わりなき旅」をしていて、周りの壁画の好きな部分に焦点を合わせられるならば、「これは以前に見た事がある」と気づく事もありそうですね。

 神

その通りだ。

時間の回廊を「らせん状に」旅している時は、以前に見た部分にしょっちゅう気付く。

その時にあなたは、「ここには前に来た事がある!」と言うだろう。

ニール  それが、既視感(デジャヴ)ですね。

 神

そうだ。

時間の回廊を旅していると、時おり自分が「メッセージや指示を受け取る」という経験をする。

それは、警告だったり誘いだったりする。

ニール

そういう経験はあります。

でも、誰が教えてくれているのですか? あなたですか?

 神

あなた自身だ。あなたが自分に教えているのだよ。

あなたの魂が指示を送り、「暗示」「直感」「霊能力」のかたちで訪れる。

ニール

では、自分で自分に語りかけているのですね。

「将来の自分」が、「今の自分」に語りかけているのですか?

 神

そう考えてもいい。

自分の声に注意深く耳を傾ければ、まったく新しいやり方で人生の旅を経験できるよ。

ニール

話をまとめると、私たちは時空を旅しており、「新しいルートを通る事も、同じルートを通る事もできる」のですね。

 神

そうだ。

新しいルートを通れば、「違う人生を生きる」ことになる。

同じルートを通れば、「同じ人生を再び生きる」ことになり、既視感を経験する。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る