死後の第3段階の詳細④
聖なる審問をうける
霊的な領域に進むか、元の人生に戻るかを選ぶ

ニール

あなたは、「死後の第3段階では、エッセンスと合体をし、その後にはエッセンスと再び別れて人生の復習をする。人生の復習を終えたら、新しい自分を再創造する。」と言います。

どうやって、新しい自分を選ぶのですか?

 神

それは、『聖なる審問』に答えて、実現される。

ニール  『聖なる審問』とは何ですか?

 神

死後の第3段階の最後には、あなた方はただならぬ質問をされる。

その質問に対する答えは、あらゆる言明の中でも最も重要な言明であり、「最も自由な選択の時」でもある。

それほど重要だからこそ、すべての天使が手を止めて、あなたの言葉に聞き耳をたてる。

それほど重要だからこそ、あなたが愛した人達のすべてが、あなたの言葉を聞こうと集まってくる。

それほど重要だからこそ、神である『存在するすべて(創造のエネルギー)』自身が、その質問に立ち会う。

ニール  その質問とは?

 神

「あなたは前進したいか? それとも元の身体に戻りたいか?」だ。

ニール

それでは、死ぬかどうかの選択肢が、私にはあるのですか?

 神

あなたには、すべてのついての選択権があるのだよ。

私は、「すべては、あなたが創造している」と言ってきたではないか。

ニール

幼くして亡くなった子供たちは、その年齢のままで魂の旅を続けていくのですか?

 神

すべての魂は、『聖なる審問』で自由な選択を与えられる。

子供たちは、その年齢のままでも先へ進めるし、新しいアイデンティティを創造してもいい。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る