思い出すこと⑯
死からは、引き返す事ができる

ニール

あなたは、「死後の第3段階では、最後に聖なる審問をうける。そして先に進むか、今までの人生に戻るかを選択する。」と言います。

すると、死にたくなければ、死ななくてもいいのですか?

今まで聞かされてきた世間の常識とは、ぜんぜん違いますよ。

 神

死に際しては、「進むか、引き返すか」の選択権が、あなた方に与えられる。

思い出すことの16番目は、これだ。

『 死からは、引き返す事ができる 』

あなた方が「死」と呼ぶ体験の時は、選択肢を与えられる。

あなたは、「後に残してきた人生を続ける」か、「前進して霊的な領域に向かう」かを選べる。

ニール

つまり、死ぬ人は誰でも「生き返るチャンスがある」という事ですか?

 神

そうだ。

「戻して下さい」と魂が頼めば、すぐに物理的な世界へと送り返されて、死ぬ寸前の瞬間に到着する。

あなたは死後の世界で、「審判や天罰など無いこと」「ここでは否定的な事は起こりえないこと」「生命のプロセスは永遠に続くこと」を理解する。

こうした事を、頭ではなく、経験的に理解する。

そして、ほとんどの魂は、一度は今までの人生に戻る事を選ぶ。

もし戻ってこないとしたら、目的が本当に完了したと感じたからだ。

だから、戻ってこなかった事に腹を立ててはいけない。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る