元の人生に引き返す事についての補足

 神

死後の第3段階では、エッセンスとの全面的な溶け合いをし、エッセンスから分かれて再びあなたは出現して、終わったばかりの人生を振り返り、「先へ進むか、戻るか」を選択する。

ニール  人生の見直しを基にして、その決定をするのですね。

 神

そうだ。

あなたは、終えたばかりの人生を振り返り、「まだ経験したい事があるか、完了したと感じるかどうか」を判断する。

ニール

でも考えたのですが…。

あなたは、思い出すこと⑪で、「死のタイミングと状況は完璧である」と言いました。

そうであるなら、元の人生に戻りたいと思う事は、あり得ないのではないでしょうか?

 神

あなたの考え方は分かった。
それでは、もう1つ情報をあげよう。

死のプロセスは、霊的な領域に行くまでは完了しない。

死後の第3段階で、元の人生に戻ることを選べば、死は完了しない
(死んだ事にはならない)。

ニール

あなたは、「元の人生に戻る場合は、代替現実へとジャンプする」と言いました。

そうすると、元の現実にいる魂は、完了しないまま死ぬのですか?

 神

私は、「魂は、一度にたくさんの場所に居られる」と、以前に話した。

憶えているかね?

ニール  はい。

 神

元の現実にいる魂は、死んで死後の世界に入る。

死後の世界には、時間は存在しないから、自分の別の魂が代替現実に戻って、完了しようとした事を完了したと知る。

だから、その魂は完了したと感じながら、霊的な領域に入っていく。

ニール

驚いたなあ。あなたは、何にでも説明をつけちゃうのですね。

 神

そういう細部にこだわっても、あまり役には立たない。

それよりも、もっと重要なメッセージに焦点を絞ったほうがいい。

地上の多くの人は、細部にとらわれすぎていて、全てを説明してもらいたがる。

だがそれでは、全体像の美しさを楽しめない。

「すべての答えを得なければならない」という視点は捨てなさい。

生命の全体像を見れば、それはすばらしいものだよ。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る