思い出すこと⑰
死後には、愛する人すべてに迎えられる
あなたより後に死ぬ人達からも迎えられる

ニール

あなたは、「あなたが死ぬ時には、後に残してきた者とも再会できる」とおっしゃいます。

それは、どういう意味ですか?

 神

私は、思い出すことを2つ、対話の最後まで取っておいた。

「思い出すこと」の中でも、最も驚異的なものをね。

思い出すことの17番目は、これだ。

『 死後には、愛する人すべてに迎えられる
  あなたより後に死ぬ人達からも迎えられる 』

ニール

私があの世に着いた時、私が愛した人達は全員が、後に残してきた人も含めてそこに居るのですか?

 神  あなたがそれを願えば(信じれば)、そうなる。

ニール

でも、後に残してきた人も出迎えてくれるなんて、聞いた事がありません。

そんな事があり得るのですか?

 神

それが、「究極の現実」だ。

物理的な人生の終わりには、連続同時にお互いを出迎えあうのだよ。

ニール

しかし、連続的かつ同時的ならば、私は「迎える」のと「迎えられる」のを、いっぺんに経験するのですか?

 神

あなたは、どちらでも選んだ方を経験できる。

要は、視点の問題だ。
あなたは、どんな視点でも選ぶ事ができる。

究極の現実では、時間は存在しない。

「無時間の場」では、何十年という年月も、一瞬よりも短い。

あなたが壁画から遠ざかって(視点を変えて)、全体像を見渡せば、あなたよりも後に死ぬ人とも「あっと言う間もなく」再会できる。

あなたが「愛する人達がそこに居る」と信じれば、信念が視点を創造して、もっと大きな図(全体像)を見ることが出来る。

ニール  すごい。まったく新しい神学です。
     そんな事は聞いたことがありません。

 神

これが、「神の王国」の完璧な説明だ。

あなたが望めば、過去に旅をしたすべての魂や、将来に旅を共にする魂も出迎えてくれる。

ニール  将来のパートナーも出迎えてくれるのですか?

 神

あなたが望めば、そうなる。

生前でも死後でも、あなたが選ばない事は何も起こらない。

「天国」とは、あなたの望みが叶う所だ。

「地獄」とは、望まない目に遭う所だ。

そして地獄とは、あなたが自ら創造しなければ、存在しない。

という事は、やっぱりあなたの望みが叶うという事だ。

ニール  すると、本当に存在するのは、天国だけですね。

 神

その通り。存在するのは、天国だけである。

最初の「聖なる審問」の時には、あなたの全ての生涯でのパートナー達が、あなたを取り囲んで愛を注ぐ。

(『神へ帰る』から抜粋)


神へ帰る 目次に戻る