「分裂」という、第3の幻想②

 神   あなた方が、『分裂という幻想』を創り出した本当の目的は、
     「一つである」という体験をするためだ。

     全体の一部でいる間(存在するすべてと一体でいる間)は、
     (個別化した)自分を体験できない。

     『本当の自分』を体験するためには、『存在するすべて(神の源)』と
     分離しなければならない。

     分離は、『究極の現実(全てが一体として存在する、絶対の世界)』の中では
     出来ないから、想像を通じてするしかない。

     私たちは、多様なかたちをとることで、唯一の現実(全ては一体である
     という真実)の輝かしさに気付き、それを体験できる。

     これが、『相対性(あなた方のいる宇宙)』の目的だ。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る