『神とひとつになること』
トップページ(目次)

はじめに (この本の説明と、このページの説明)

始めの言葉 今回は、あなたに直接語りかける

大切なのは、『私たちはすべて一体である』というメッセージだ

この本は、「幻想を思い出して、もう一度神と一体になる」ための本だ

幻想は10種類ある

幻想から、文化的な物語と神話が創られた

どの幻想も第1の幻想の変形だ 夫々の幻想は、一つ前の幻想の欠陥を繕うために生まれた

「必要性」という、第1の幻想

「失敗」という、第2の幻想

「分裂」という、第3の幻想①

「分裂」という、第3の幻想②

「不足」という、第4の幻想

「課題」という、第5の幻想

「裁き」という、第6の幻想

「罪の宣告」という、第7の幻想

「条件」という、第8の幻想

「優越」という、第9の幻想

「無知」という、第10の幻想

10種類の幻想のまとめ 真実とはこうである

子供たちに、これを教えなさい

輝かしいヴィジョン・魂のヴィジョン、これが本当の現実である

教育とは引き出す事であり、学習とは思い出す事である

幻想が現実的なのは、人々が現実だと信じているからだ 客観的な観察などない

幻想は、「それは幻想だ」と信じれば、本来の目的に活用できる

「世界の出来事と、自分や神は関係ない」という理屈は歪んでいる

幻想の創造を、時計を進めておく行為で例える

幻想を活用するプロセスは、見ている一切を否定する事から始まる

進化するには、幻想を源にした物語から、離れなければならない

優越性は存在しない 私たちは一体だ

幻想の目的と意味

幻想を活用するプロセスの解説

「必要性」という幻想を、幻想と見抜いて活用する①

「必要性」という幻想を、幻想と見抜いて活用する②

「必要性」という幻想を、幻想と見抜いて活用する③

「失敗」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「分裂」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「不足」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「課題」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「裁き」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「罪の宣告」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「条件」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「優越」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

「無知」という幻想を、幻想と見抜いて活用する

幻想を活用すれば、思いのままに自分の経験を創れる

人生の体験に定まった意味はない、意味はあなたが与えるのだ

幻想への3つの対処法

3つの対処法の実践① 必要性の幻想にぶつかった時の対処の仕方

3つの対処法の実践② 失敗の幻想にぶつかった時の対処の仕方

3つの対処法の実践③ 分裂の幻想にぶつかった時の対処の仕方

内なる創造者との出会い① 自分の身体を知り、大切にする

内なる創造者との出会い② 運動は身体の瞑想だ、運動をしなさい

内なる創造者との出会い③ 感情のコントロールをする

内なる創造者との出会い④ 出会おうとする意志を持つ

内なる創造者との出会い⑤ 出会うとどうなるかの解説

内なる創造者との出会い⑥ 創造者のメッセージを人々に伝える

終わりの言葉

2013年2月5日作成開始
2013年4月3日作成終了


『村本尚立のウェブサイト』 トップページに戻る

『神との対話』 トップページに行く

『神との友情』 トップページに行く

『新しき啓示』 トップページに行く

『神へ帰る』 トップページに行く