幻想が現実的なのは、人々が現実だと信じているからだ
客観的な観察などない

 神

私は幻想について説明してきたが、あなたは「幻想であるとしたら、どうしてこれほど現実的なのか?」と問いたくなるだろう。

あなたの問いに答えよう。

幻想が現実的なのは、『人々がそれを、幻想ではないと信じている』からだ。

この世界は、すべてはあなた方が信じるとおりになる。
(あなた方が、すべてを創造している)

かつてあなた方は、「太陽が地球の周りを巡っている」と信じていた。

そして、すべての学問・知識が、それを証明していた!

あなた方はそれが真実だと確信し、それを中心にして天文学全体を作り上げたからだ。

かつてあなた方は、「物質はすべて、ある点からある点へと、時間と空間の中を移動する」と信じていた。

そして、すべての学問・知識が、それを証明していた!

あなた方はそれが真実だと確信し、それを中心にして物理学全体を作り上げたからだ。

よく聞きなさい。

不思議なのは、「そのシステム(学問体系)が機能していた」という事だ。

あなた方の観察は信念を支え、信念は知識を作り上げた。

後になって、もっとよく観察した時に、あなた方は考え方(信念)を変えた。

だが、最初に変わった考え方を言い出した人達は、「異端者」「愚か者」「夢想者」と言われたのだ。

最初に考えを変えた者は、「地球が太陽の周りを回る」とか「物質はある所で消滅し、別の所で現れる」と主張したが、『冒とく』というレッテルを貼られた。

真実と呼ばれるものは、「あなた方の大多数の信念・主張」である。

だが、信念と観察のどちらが先なのだろう? 
これが大切な疑問だ。

あなたは見たいものを見て、見たいと期待するものを見る。

そして、見えると期待しないものは見えない。

なぜなら、あなた方には『客観的に観察することは出来ない』から。

科学は、「何事も、観察者の影響を排除して観察することは出来ない」という結論を出した。

霊的な世界ではそんな事は当たり前だったが、科学がようやくそれに追いついた。
研究は、二重盲検法で確かめなければならない事になった。

あなた方は、幻想を「現実だ」と信じているから、「これは現実だ」という結論に達する。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る