幻想は、「それは幻想だ」と信じれば、本来の目的に活用できる

 神

あなたは、「幻想がこれほど現実的なのに、どうすれば幻想だと分かりますか?」と問いたいだろう。

あなたの問いに答えよう。

私はすでに、「幻想が現実的なのは、それが現実だからではなく、現実だという固い信念をあなた方が抱いているからだ」と説明した。

従って、幻想に対する見方を変えるには、まず「信念を変える」ことだ。

あなた方は、「見る事は、信じる事」と教えられてきた。

だが、新しい考え方は逆だ。

『信じる事は、見る事』、これが真実だ。

幻想にぶつかった時、「それは幻想だ」と信じれば、どれほど現実的であろうとも幻想に思える。
そうなれば、幻想を本来の目的(究極的な現実を体験する道具)として、活用できる。

幻想を道具として活用すれば、幻想が現れるのをただ見ているのではなく、自分が求める幻想を創り出し、「そう、このはずだ」と頷くだろう。

実は、あなた方はすでにそれを実行している。

だがそれを、意識的・選択的にではなく、無意識に行っている。
他者の選択した幻想を、ただ受け入れている。

自分で幻想を選択した時、あなたは幻想から逃れるだけではなく、幻想の外に出て、幻想を自由にコントロールできるようになる。

あなた方が幻想をコントロールするようになったら、自分が体験しようと思う通りに世界を体験し始めるだろう。

その時に、『経験』とは「反応」ではなく「行為」であり、よそから自分に起こるのではなく、自分が引き起こすのだと分かる。

この秘密を理解した人が、「マスター」と呼ばれた。
この秘密を生きた人が、「祝福された者」と呼ばれた。

あなたは、祝福された者になりなさい。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る