幻想から、文化的な物語と神話が創られた

 神

10種類の幻想は、地球上の人類史のごく初期に、あなた方が創り出した。

そして、この幻想に合った『文化的な物語』を創り、幻想を現実化している。

これらの幻想は、あなた方が創り出した世界では、現実のように見える。

だが、本当の現実ではない。

あなた方が10の幻想から創り出した『文化的な物語』とは、このようなものだ。

① 神には、決まった予定がある (必要性が存在する)

② 人生の結果は疑わしい (失敗が存在する)

③ 人間は、神と離ればなれになっている (分裂が存在する)

④ すべては、充分にはない (不足が存在する)

⑤ 人生には、しなければならない事がある (課題が存在する)

⑥ しなければならない事をしないと、罰を受ける (裁きが存在する)

⑦ 罰を受ければ、永遠に苦しむ (罪の宣告が存在する)

⑧ 愛には、条件がある (条件が存在する)

⑨ 条件を知って満たすことが、人よりも優れる事だ (優越が存在する)

⑩ ①~⑨は、幻想ではなく現実である (無知が存在する)

あなた方は、この文化的な物語の中で生き、「そういうものなんだ」とお互いに言い合う。

それを、何千年も続けてきた。

やがて、この物語の周りに、さらに神話が生まれた。

例えば、こんな神話だ。

「適者生存」 「人間は原罪を負って生まれてきた」 「罪の報いは死である」 「無知は美徳だ」 「神だけが知っている」

これらの神話のすべてを信じていなくても、一部は信じている。

信じているのは、誰かに「それが真実だ」と聞かされたからだ。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る